京都の裏風俗は四条通りで3000円ポッキリで最後までできる!?

日本全国47都道府県の裏風俗事情は下記の記事で✨

日本全国の裏風俗情報まとめ

2020年12月16日

裏風俗は日本全国にあります🙆‍♀️

京都の裏風俗事情

京都は観光スポットなので客入りの良いデリヘルが多数あります。客入りが良いデリヘル=クオリティの高い出稼ぎ嬢が集まる傾向もあり、基盤や円盤ができる嬢も多いです。

またトップハットビルと呼ばれる風俗ビルもあります。

意外と風俗三昧するのには、良いスポットな京都。そんな京都のおすすめ裏風俗を紹介します。

京都の裏風俗①立ちんぼスポット

基本情報
住所
京都四条河原高瀬川周辺
業種 立ちんぼ
本番成功率 ★★★☆☆
最安値 3,000円〜

京都マルイ付近阪急1B出口を出てすぐの川沿い側は、立ちんぼスポットとなっています。

平日は21時頃から24時の間がピークタイムとなっています。

日本人4割、外国人6割の割合で立っています。年齢は幅広く20代と思わしき子も中にはいますが、メインは40代以上の熟女。

綺麗系の子もいますが「この人にこの値段を払うの?」と思えてしまうタイプもいます。

金額は女性によっても違いますがNNで相場15,000円〜20,000円と高め。

基本的にバックに怖いお兄さんたちがいるタイプの立ちんぼなので、かならず行為自体はできます。これぞ裏風俗という感じの立ちんぼなので、安心感はあります。

ちなみにこのエリア近郊で立ちんぼをしている日本人女性の中には、見た目は酷い感じのおばさんですが手で3,000円を提案してくる人もいます。

この周辺を夜男性一人で歩いていると女性側から「どう?」と誘ってくれるので、特に何も考えずに行ってみましょう。

京都の裏風俗②ちょんの間「旧五条楽園」

基本情報
住所 〒600-8114 京都府京都市下京区
業種 ちょんの間
本番成功率 ★★★★☆
最安値 60分 / 20,000円〜

京都の裏茶屋五条楽園。ここは昔遊郭があった場所です。飛田新地のような場所があったということです。

現在、この土地は夜20時以降になるとポン引きが現れます。

40分1.5万円、60分2万円で遊べます。ホテル代が別途かかってしまいますがNNも可能。

ただし女の子のレベルは、若くて綺麗な子が来るとは限らないので賭けです。

「旅館(お茶屋)で遊べる」という口コミもありますが実際に行った感じ、そんな雰囲気はありませんでした。

基本用語おさらい

基盤(きばん) 追加料金なしで本番行為(セックス)をするこ。最初からサービスに本番が含まれている店舗や嬢は「基盤」と表現されることもあります。
円盤(えんばん) 店舗を使用する際に支払う基本料とは別で嬢個人にお金を払えば本番行為ができること。
中出氏 中出しセックスの略
ロハ ロハを縦に並べて読むと「只」という文字になります。タダ=無料でセックスができた場合に使われます。
NN NN=生中出しの略
NS NS=ノースキン。コンドームなしでセックスができたという意味。

裏風俗・デート代に困っている人は、女性と遊ぶお金を用意する方法をチェックしてみましょう!

京都裏風俗

すぐに遊べる
おすすめ出会い系サイト
日本全国47都道府県で遊べる
1位:ワクワクメール ★★★★★
即・確実・最強
ワクワクメール体験談でも紹介している通り実績や経験がない人でも確実に遊び相手をゲットできる超優良老舗サイト。ここで遊ばずしてどこで遊ぶと言いたい
2位:Jメール ★★★★☆
即・変態・激ヤバ
Jメールセックス体験談をみて頂けばわかると思いますが高確率で変態に会えます。非日常的な体験を求めている方は登録して損はありません!
3位:PCMAX ★★★☆☆
恋愛・無難・王道
言わずと知れた王道サイト。PCMAX体験談に書いている通り”無難な出会い”を手に入れたい方や恋人を探している時には便利。出会い系サイト初心者は使うべき。
4位:Air ★★★☆☆
今一番熱い・会える・ヤレる
知名度は低いですが出会い度数が抜群に高い。Air体験談では、このサイトのやばさについて多数紹介していますが…ライバルが少ない分、出会いが捗ります。まさに無双。
5位:ペイターズ ★★☆☆☆
真面目に攻めるならこれ
最近少し落ち着きましたがそれでも確実に会えちゃう。ペイターズ体験談でも紹介している通り、真面目な子を狙いたい方にはおすすめ。OLや素人感強い子に会える割合が高いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ピンクタイガー虎丸

ピンクタイガー虎丸。大人の遊びを大人らしく楽しむをモットーに生きる普通のリーマン。風俗狂いの素人。たまにストナンも。メンエスが生き甲斐で息の場所と語る彼。