♡欲求不満女子とセックスじょうほう♡

マッチングアプリの元サクラが教える!100%騙されない会えるアプリの特徴

出会い系サイト・マッチングアプリに存在している「サクラ」の実態

出会い系サイトやマッチングアプリには、サクラや業者が存在しています。どんなに「サクラゼロ」と言われている出会い系サイトやマッチングアプリにも確実に1人はサクラがいると考えてください。

サクラは出会い系サイトやマッチングアプリを盛り上げるために存在しています。

登録直後に誰でも出会える・異性からアプローチをされることを証明する目的でサクラがメールを送るケースが多いです。また登録者数の多さを証明する目的でサクラが利用される場合もあります。

しかし中には出会い系サイトやマッチングアプリの治安や民度を良くするために存在している場合もあります。ユーザーの中には悪事を働こうと考えて利用している人もいます。

乱暴な言葉を吐いたり、ストレスの捌け口にマッチングアプリを使う人もいます。そういった人と一般ユーザーがマッチングすれば、喧嘩やクレームの原因になったり、マッチングアプリ自体の評価が落ちてしまいます。

このような問題を避けるためにも悪質性の高いユーザーを制御する目的でサクラが使われたりもします。

サクラは別名オペレーター。時給1,000円〜2,000円

サクラといっても女性が働き、エッチな誘導をしている訳ではないのです。

サクラは別名「オペレーター」と呼ばれています。PCオペレーター、メールオペレーターなどとも呼ばれることもあります。

出会い系サイトのサクラのアルバイトは上記のような条件で募集しているケースが多いです。

  • 時給+インセンティブあり
  • 髪型服装自由
  • タバコ休憩あり
  • フリードリンク
  • シフト自由

かなり高待遇で好条件なバイト募集。時給もかなり高いように感じられます。

しかし実際に面接に行ってみると

  • 時給1,000円スタート
  • 見た目は自由(髪色、ネイル、服装、刺青全てOK)
  • 経験者のみ採用
  • タバコ休憩あり
  • 12時間勤務
  • シフト自由

このようにかなり厳しい条件のブラックバイトのケースが大半。

サクラのアルバイトもかなり大変です。

 

マッチングアプリのサクラは8割が男!男心を100%わかっている

マッチングアプリのサクラは8割が男性です。上記でも説明した通り労働環境がかなり過酷

会社によっては12時間拘束でない場合もあります。しかしそれでも業務の内容は激務。コンビニのアルバイトの方が楽です。そのため大半の会社は8割が男性。男性しか採用しない会社もあるくらいです。

また男性の方が「男心がわかる」と言われて採用されるケースが多いです。

どんなメッセージが送られてきたら嬉しいか、エッチの好み、理想の女性像など…女性にはわからないことが男性にはわかります。

男心がわかるサクラが採用できればマッチングアプリも盛り上がり、お金を落とす人が増えるのでウィンウィンです。

もし魅力的な内容のメッセージばかりが送られてくるマッチングアプリを使っていたら怪しんでください。男心を熟知した男性のサクラの可能性があります。

サクラは自分の顔写真を使わない

マッチングアプリのサクラは100%自分の顔写真を使って仕事をすることはありません

よく出会い系サイトを使っている人の中には「本物の女性が自分の写真を使って実際にメッセージを送っている」と勘違いしている人がいます。

先ほどもお話しした通り、サクラは8割が男性です。残りの2割の女性も決してモデルやタレントのような美女ではありません。いたって普通の一般女性です。

自分の顔写真を使って仕事をすることは、ありえません。

大半のマッチングアプリや出会い系サイトは勝手に写真を悪用したり、業者から写真を購入しています。

特にアダルト色の強い写真を載せている人は8割がサクラです。十分に気をつけましょう。

サクラと出会う=お金を搾取される

出会い系サイトやマッチングアプリでサクラに出会い、ハマってしまったら最後。お金を搾取されて終わりです。

サクラのバイトをしている人の大半は、売り上げがインセンティブに直結します。ボーナスも賞与もないサクラのアルバイト。お給料をアップさせる方法がインセンティブくらいしかありません。

「とにかくお客さんにポイントを買ってもらわないと!」「今すぐに有料会員になってもらわなきゃ!」と、とにかく売り上げアップのために必死になります。

会えない・実在しないキャラクターになりきって必死にアプローチをします。

お客さんも現実ではかけられない言葉を貰えたり、楽しい気持ちになってしまい、ついつい課金をしてしまう…。

これがお金を搾取されるステップです。

このような点を踏まえても、援デリ業者とマッチングした方がまだマシです。

援デリ業者は実際に会うこともできるし、セックスもできる。お金はかかるけどサクラよりも断然いいと思います。

また出会い系サイトやマッチングアプリでのサクラ行為は合法です。あまりにも酷い運営を行なっている業者は違法になります。

しかしマッチングアプリのようにiTunesストアやGoogleストアにアプリが正規リリースされているものは、法律を守って運営しているケースがほとんどです。「騙された」と泣いたところで解決策はありません。

サクラに騙されないように自分で注意をする以外の方法はないと考えてください。

マッチングアプリでサクラと出会わないために!

出会い系サイトやマッチングアプリでサクラと出会わないためにも以下のことに注意をしてください。

女性のプロフィールを確認

どんな場合でも最初はかならず女性のプロフィールをチェックしましょう。

  • プロフィールの内容が作り込まれすぎている
  • 「秘密」のみ書かれている
  • 条件がみっちり書かれている
  • 「えっちだいすき♡」などの一言
  • 年齢や住まいなど全てが非公開

明らかにおかしなプロフィールは注意が必要です。本物の女性ユーザーは男性に媚びるような内容のプロフィールは書きません。

えっち大好き♡ドMなのでいっぱいいじめてくれるSな人探してます♡乳首が性感帯なのでいっぱいいじいじしてくれる人がいいなぁ♡即会いもOKです!待ち合わせ場所を教えてくれれば向かいます〜!車もあるよ♡カーセックスも興味あり♡連絡先交換は仲良くなってから希望だけどいい感じだったら即交換もOK♡

上記のようにアダルト要素の強いプロフィール内容や男性に好都合な条件がたくさん書かれている場合は要注意。またプロフィール写真が体の部位や一部を強調している人も要注意が必要です。

女性
よろしくお願いします。遊びましょう!

本物の女性は上記のようなシンプルな一言コメントのみのケースが多いです。アダルト要素の強い一言コメントはサクラの可能性が高いですが「よろしく」や「こんにちは」といった、当たり障りのない言葉は本物の確率が格段に上がります。

またパパ活や援助交際目的の女性は、プロフィールに条件を満遍なく書く傾向にあります。

パパ活はじめてです。支援してくれる男性を募集しています。ゴルフが趣味で投資にも興味があります。癒すことが得意です。食事から関係を築けたら嬉しいです。

その点も注意をして見極められるようにしましょう。

写真を要チェック

マッチングアプリのサクラには写真に特徴があります。

  • モデルのように可愛い
  • 全面顔出し
  • 高画質(一眼レフ撮影写真)
  • おっぱいのアップ
  • お尻のアップ
  • SNOWなどの加工アプリを使っていない顔出し

このような写真の女性を見かけたら要注意。本物の女性は若い層はSNOWなどの加工アプリを使います。年齢層の高い女性たちも背後や顔の一部のみといった写真に設定している割合が高め。

サクラの使う写真は自信に満ちた雰囲気の女性が使われているケースが多いので要注意をしましょう。

文体・文面をじっくり見る

独特な言い回しや文章の女性には要注意が必要です。

女性
今日はひまだよぉ♡夜にごはん行ける人募集中〜♡お酒が飲めるなら飲みにいこっ!

「っ」や「♡」を乱用している人は8割がサクラです。

マッチングアプリの種類によっては絵文字が使えず「!」などの記号のみで、やりとりをしなければいけない場所もあると思います。そういったときは「〜」を使う人には要注意が必要です。

サクラはパソコンで文章作成、メッセージ送信を行なっています。そのためパソコン特有の変換文字を利用していることもあります。

メッセージ返信が即レス

サクラは売り上げが命です。そのため即レスは必須。

メッセージが送られてきたら、お客さんの熱が冷める前に返信をしなければいけないルールが設けられている会社がほとんどです。会社によっては24時間体制で即レスができるように努めている場所もあります。

もし相手にメッセージを送り、5分以内に返信が戻ってきたら怪しいと思ってください。とくに深夜の時間帯や日中に即レスで返信が戻ったら怪しみましょう。

普通の生活を送っている人は24時間、常にスマホを眺めてメッセージを即レスすることはできません。仕事や生活を送る中で片手間に返信をする人が大半です。

マッチングアプリのメッセージ返信を最優先にしている人は、ほとんどいません。現実を考えてみましょう。

連続して自撮りや裸の写真を送ってくる

何通も連続して自撮りや裸の写真を送る女性には要注意が必要です。

1通目:自撮りを見て♡

タイプじゃないかな?どう??

最初の1通目は上記のようにセクシーな自撮りを添付してきます。その後、数時間後に下記のような2通目を送信。

2通目:サクラじゃないよ?

違う角度から写真を撮ってみたよ♡タイプじゃなかった?お返事欲しいなぁ

このように別の写真を数枚添付してきます。

何枚も写真が送信できる=サクラではないという信憑性が上がる」と考える男性ユーザーが多く、サクラ側も何枚も送信ができる写真を探してストックします。これを信じて「じゃあ…」と返信メッセージを送ってしまう人は非常に多いです。

写真が何枚も送信できるからといってサクラではないという保証はありません

複数枚送信ができる写真だけで安心をするのは危険です。

一人称や性格がおかしい

先ほども伝えた通りマッチングアプリのサクラは24時間体制で運営をしている会社がほとんどです。

日勤・夜勤の2勤交代制で運営している会社が基本。スタッフが退勤時にユーザーの引き継ぎを行うことが多いです。

このときにうまく引き継ぎができていないと、一人称がおかしくなってしまったり、性格や口調が変わってしまうことがあります。

これはサクラが絶対にやってはいけない失敗です。しかし引き継ぎ次第では、このようなミスに繋がってしまうケースも非常に多いです。

もし相手とのやりとりの中で「キャラが変わった」と感じたら、一旦返信を中断しましょう。返信を中断したタイミングで連絡が戻らなければサクラではない可能性があがります。

しかし追って「さっきはごめん」などといった返信が届けば、怪しんでください。サクラの可能性が倍増します。

ローカルトークをねじ込む

サクラにとって一番の弱点はローカルネタです。マッチングアプリのサクラは東京や大阪、名古屋、北海道、福岡などの繁華街の事務所で作業をしています。そのためローカルネタがわからない人がほとんどです。

出身地や近所に住んでいる人がサクラの場合は、ローカルネタが通じる可能性があります。しかし大半の人は違う地域で生活を送る人たちです。ローカルネタは通じません。

また地元民ならではの略語がわからないケースも多いです。例えば名古屋駅を「名駅」と略したり、北海道でからあげを「ザンギ」と呼ぶようなネタ。こういったものがサクラには通じない可能性があります。

相手がサクラか確かめるために、そういったネタをねじ込んだメッセージを送ってみるのもありです。

リスケされたら=会えないと思って割り切る

マッチングアプリの最終着地点は会うことです。マッチングアプリを利用している人たちは出会いを求めて使っているので、最終的に会えなければ意味がありません。やりとり自体も無駄になります。とはいえ、唐突に1通目から「会おう」というのはよくありません。

相手にも都合や準備があります。しっかりと段階を踏んだうえで、会う約束をしなければいけません。

会うことを目標にコツコツやりとりを重ね、最終的に会う約束まで取り付けた。しかし会う日が近づいたタイミングで「やっぱり会えない」と言われたら要注意。

仕事や病気、家庭の事情といった止むを得ない事情で会えなくなってしまったのであれば、仕方がありません。しかし理由を濁したり、曖昧にされたら注意が必要です。

また一度予定をリスケしたのに次の約束を取り付けてくれない人も要注意。

サクラの可能性が高いです。と、いうのも一度でも「会おう」という流れになり、予定を決めた仲なのに「次は予定が立たない」というのはおかしな話です。

本当に忙しいのであれば仕方がありません。

しかしマッチングアプリを使い出会いを求めているのに、そういった言い訳は少しおかしいです。一度でも予定をリスケされ、次の予定が決まらない。そういった状況に陥ってしまったら、思い切って相手との連絡を断つことも必要になります。

サクラとダラダラ連絡を取り合っていても、出費が増えるばかりです。見切りをつけることも踏まえてマッチングアプリを使っていきましょう。

マッチングアプリでやってはいけないこと

マッチングアプリでは相手がサクラなのかと疑うあまり、どんな相手に対しても下記のようなことをする人がいます。このような発言をすれば実際に会える女性であっても「会いたくない」と思い連絡を途絶します。

会えないイライラ、サクラや悪質性の高い人とのやりとりで気持ちが焦っていても絶対に下記のような発言はしないように注意をしましょう。

最悪の場合、マッチングアプリから会員資格剥奪される可能性もあります。

「本当に会えるの?」と確認をする

「本当に会えるの?」と疑う気持ちはマッチングアプリを使う、誰もが心のどこかで思っていることです。とくにマッチングアプリ初心者の人や出会い系サイトを使った経験のない人は、この気持ちを強く思っています。

これは男女共に同じ気持ちです。

ネットで知り合った相手は実際に顔を合わせて話しているわけではないので、存在しているのかすらも、わからないものです。しかし疑っていては何も始まりません

勇気を持って会おうとしなければ永遠に会えないといっても過言ではないです。

サクラや業者に騙され続けると気持ちが擦れてしまいます。

その結果、最初から「本当に会えるの?」という疑いの気持ちが強くなり直接本人に聞きたくなるものです。しかし聞かれた側の人の気持ちを考えてみてください。

「会えないと思われているの?」「疑われた?」「どうしてこんなことを聞くんだろう」「会うかはやりとり次第じゃない?」大半の人はこのように考えます。

この質問に対して「めんどくさそう」と感じ、その場で既読無視をする人もいるかもしれません。

また「会えるよ」と答えてくれたとき。「じゃあいつ会えるの?」と自己紹介などもしていないのに、会う話を進める人がいます。これは女性側は非常に怖い気持ちになります。

途中でも伝えた通り段階を踏んで会う流れに進めることがスマートです。

突発的に会う話を持ち出され、得体の知れない人と「会いたい」と思う人はほとんどいません。

どんなに会えるか不安でも、このような話の流れに持ち込むことは避けてください。

そして「会ってから自己紹介をすればいい」という考えも極力捨ててください。マッチングアプリ内で相性や軽い自己紹介を済ませたうえで「会うか決めたい」という女性がほとんどです。

最低限のやりとりを欠かさない」と思ってください。

最初から「おまえサクラなんだろ?」と疑う

女性側からメッセージが送られてきたら「おまえ、サクラなんだろ?」と一方的に疑う人がいます。これは失礼極まりない発言です。絶対にしないように注意をしてください。

マッチングアプリを使っている女性は純粋に出会いを求めています。そのため失礼な発言をする人や疑う相手、自分が厄介や面倒だと思う相手への返信は一切行いません。またこういった発言をする人に対しては、通報をする人もいます。

一度でも通報されてしまえば、運営側にマークされる可能性もあります。

最悪の場合は、強制退会処分や会員剥奪になる可能性も考えられます。

自分の首を苦しめないためにも怪しいと感じた相手からの連絡は無視をすることが一番です。

「ポイントないから」という発言

月額・定額制や無料のマッチングアプリは別ですがポイント制の場合、最初から「ポイントがないから」と言う人がいます。

  • ポイントがないから連絡先を君から送って
  • もうポイントがないから返信できない
  • ポイントを譲ってほしい
  • 課金するお金が無駄
  • ポイント代はデート代に回したい

このような発言をする人は女性から嫌われます

まず悪徳出会い系サイトでなければ1,000円以下からポイント購入は可能です。マッチングアプリを使っている9割の女性は男性のポイントレート(費用)を知っています。

そのうえで上記のような発言を聞いたら「1,000円もお金がないってことは会ったらデート代は全額私負担になるの?」と考えます。

出会いを求めているといってもデート代を全額負担するのはキツイと感じる女性もいます。絶対にポイントについての話は女性と行わないように心がけましょう。

エロ写真の強要

マッチングアプリを使っている女性は全員がエロいわけではありません。純粋に出会いを求めている人もいれば、婚活をしている人もいます。

そのためエロ写真の強要は女性から嫌われる原因になります。

と、いうのも誰もが「会える人」を求めています。

  1. エロ写真を送ってほしい
  2. 男性は写真で満足
  3. 会わなくても良いの?!

上記のように考える女性もいます。

会えない相手に写真を送る暇はありません。彼女たちの気持ちを考えたうえでも絶対にエロ写真の強要はしないでください。

またサクラがエロ写真の強要をされた場合、複数写真を持っていて対応ができる可能性があります。対応されてしまえば最後、お金を搾取されて終わりです。

どちらにしてもエロ写真の強要はマッチングアプリでは危険です。絶対にやらないように注意してください。

サクラの少ないマッチングアプリ

サクラの少ないおすすめマッチングアプリを紹介します。「サクラとマッチングしたくない」という方は次のアプリを使ってください。

ワクワクメール


飲み友達や暇なタイミングで会える相手を探しているならワクワクメールもおすすめです。

ワクワクメール基本情報
運営会社  株式会社 ワクワクコミュニケーションズ
会員数  1,700万人以上
男性料金  ポイント制
女性料金  0円

ワクワクメールは運営実績が業界トップクラス。

そのため会員数も非常に多く、地域を気にせず遊べるマッチングアプリとして人気が高いです。サクラや業者も一定数いますがPCMAX同様、見抜き方さえ理解できれば問題なし

普通に遊べる本物の女性を大量にゲットできちゃいます。

利用者の年齢バランスも幅広く、本当に偏りのないマッチングアプリなので、こちらもおすすめです。ただ確実に会うには最低1,500円くらいは課金が必要になるので、その点は要注意。

とはいえワクワクメールは「即会いできます」という女性も多いです。

マッチングアプリで即会い希望者は一握り。

しかしワクワクメールのような老舗出会い系サイトには、出会い系慣れしているユーザーも多いため、そういったイレギュラーな女性の登録も多いんです。

「とりあえず●●駅に17時頃どうでしょう?近くにスタバがあるので、そこで会ってお話しましょう。」こんな感じのシンプルなやりとりだけで会える…まさに夢のような場所です。

今まで散々サクラに騙され疑いの気持ちを強く持っている方は、リハビリをする感覚でワクワクメールを使ってみるのも良いかもしれません。

Jメール

Jメールといえばアダルト色の強い実際に会える超人気出会い系サイト。

Jメール基本情報
運営会社 有限会社エムアイシー総合企画
会員数  600万人以上
男性料金  ポイント制
女性料金  0円

まさにセックスサイトとも呼ばれるサイト。

エロ要素が強い出会いを求める男女が集まるサイトですが運営が業者やサクラを排除しています。そのため素人利用率が90%超え。アダルト系の出会い系サイトの中では、トップクラスの安全性が担保されているので安心に利用できます。

日本全国のエロ目的のユーザーが集まるサイトですがNTR(ネトラレ)界隈などといった、マニアックな界隈からの支持率も高め。なので、ワンナイトラブやセフレ探しにも最適です。

とはいえ、食事→セックスパターンを希望する人たちの割合が多いサイトです。食事デートを前提に出会いを探さなければ、業者やサクラ扱いされる可能性もあります。

エロ目的のユーザーが多いと思っても、丁寧なメッセージや連絡を心がけて出会いを求めましょう。

本物の女性は簡単には会ってくれないことを覚悟する

どんなに行動力のある女性でも5通前後のメッセージのやりとりを経て「会おう」という展開になります。急げば急ぐほど会えない確率はあがります。

途中でも話をした通り、一般女性は相手を少しでも理解したうえで「会いたい」という気持ちが芽生えます。

もちろん中には「即会い希望。今すぐに暇つぶしの相手になってほしい!」という人もいます。ただこれは本当に一握り。

9割の人は段階を経て会いたいと思うものです。その点に対する理解を深めれば確実にマッチングアプリで女性と会って求めている関係を築けると思います。

またどんなにセックスしたい状況でも「アダルト要素や下心は隠す」ことも重要です。

エロいサイトを求めるならば、それに適応したサイトを使いましょう。

マッチングアプリでエロい関係性を求めている女性も恥じらいと建前で、そういった気持ちは最後まで伏せています。

気持ちを隠すことはエチケットやマナーのようなものです。どんなに遊びたい気持ちが強くても、最後まで隠せるように注意をしていきましょう。

それと大切なのは最後まで諦めないことです。

根気よく女性を口説き、最後までサクラと疑わない。これに気をつければ大半の人は心を揺らがせてくれます。必死になりすぎない程度に頑張って会える人を確実にゲットするのがポイント。

すぐに遊べる
おすすめ出会い系サイト
日本全国47都道府県で遊べる
1位:ワクワクメール ★★★★★
即・確実・最強
ワクワクメール体験談でも紹介している通り実績や経験がない人でも確実に遊び相手をゲットできる超優良老舗サイト。ここで遊ばずしてどこで遊ぶと言いたい
2位:Jメール ★★★★☆
即・変態・激ヤバ
Jメールセックス体験談をみて頂けばわかると思いますが高確率で変態に会えます。非日常的な体験を求めている方は登録して損はありません!
3位:メーテル ★★★☆☆
割り切り・U20・ママ活
メーテルはママ活やオフパコに優れた優秀サイト。メーテル体験でも紹介している通り、男性に得が多すぎるサイト。
4位:ハッピーメール ★★★☆☆
ドキドキを求める人に!
人気老舗出会い系サイトといえばハッピーメール。セックスだけで終わる関係ではなくそれ以上を求める人におすすめ。ハッピーメール体験談でも紹介してますが真面目な子がかなり多いのでピュアを求める方におすすめ
5位:ラブアン ★★★☆☆
超優秀パパ活サイト
レベルの高い子と確実に会えちゃうサイト。ラブアン体験談でも紹介している通り、レースクイーンやモデルなどのハイスペ女子を狙いたい人にはおすすめ。パパ活サイトではありますがタダマンできます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。