割り切り女性がセフレ化する瞬間!出会い系に取り憑かれた女の14パターン

割り切り女性がセフレ化する!?脅威の実態


出会い系サイトといえば、男性利用者の方が多いイメージがありませんか?
しかし…

  • 常に理想の相手を探す
  • スマホチェック=出会い系サイトへログイン
  • セックスが好き
  • 暇があれば出会いを求める
  • 新しい男性を随時見つけたい

このように出会い系サイトに取り憑かれている女性たちも多数、登録しています。彼女たちのようなタイプは最初「出会い系サイトで知り合った人たちとは割り切りで1回セックスができれば良い」と語りがちです。しかし関係を深めていくと「何度も会いたい」と言い出し、徐々にセフレ化しはじめます。
そんな割り切り女性たちがセフレ化する定番のパターンを紹介します。このパターンが繰り出されたら「セフレ化が進んでいる」と思っても問題ありません!

出会い系に取り憑かれた女の14パターン

1.恋愛相談や恋愛話を進んで話してくる

セフレ化しやすい女性は、慣れはじめると自分の過去の恋愛や好きになった人の特徴、恋愛相談など、いわゆる”恋愛話”をしはじめます。恋バナをするタイプの女性は、割り切り関係で出会う→恋愛話をして親近感が沸く→セフレ化するパターンが多いです。割り切り関係を希望していた女性で、恋愛話をする人は10人中10人がセフレ化するといっても過言ではありません。

またこちらから恋愛話を振ったときに、ペラペラと自分の過去の話を語り出す人もセフレ化しやすいです。恋愛話を聞き出せれば、一歩踏み入れた情報が入手できます。そのため親近感が湧き、心を開きやすくなる傾向があります。心を開いた女性は、割り切りだけでは物足りなさを感じ、結果的に定期的に会えるセフレ関係を求めるようになるのです。

2.男扱いされると喜ぶ

ここでいう男扱いとは、友達のような扱いです。決して男子校ノリで肩を組んで歌ったり、踊ったりすることを指しているわけではありません。彼女たちは男性たちに気を使われず友達のように接してもらうことを求めて「男扱いされたい」といいます。そのため割り切りで出会ったはずの女性が「男扱いされたいんだよね」と言いだしたら、セフレ化する一歩手前だと思って問題ありません。

3.報告事項が増える

知り合った相手との顔合わせまでに日数があれば、日常会話メインの連絡を取り合うでしょう。その際に出会った当初よりも「新しい服を買ってきたよ」「今日はネイルに出かけた」「カフェで新作のパンケーキ食べた!」などの報告事項が増えたら要注意。
女性は連絡を取り合っていく中で、メッセージの雰囲気を見て「この人となら割り切りじゃなくてセフレになりたい♡定期的に会いたい!」と考えが変わります。そのため当初の目的が「一度きりの割り切り関係を築く出会い」だったのに、実際に会ったら「今後も定期的に会うセフレ関係」に変更されていることも。

セックスに取り憑かれている女性たちの9割は気分屋です。なので、このように突然関係性が変わることは日常茶飯事。当初と違った関係を求められるのはパターン化された行動でもあります。

4.略語を使う

出会い系サイトに取り憑かれている女性たちは、略語を日常的に使います

  • 即会い=即日で出会う
  • SF=セックスフレンド
  • NS=ノースキンセックス・ゴムなしセックス
  • ダラメ=ダラダラメールを続けること
  • わかる人=割り切りと理解している人など

このように出会い系サイト特有の略語や専門用語が使われています。出会い系サイトで略語を使う人は出会い慣れている女性の証拠です。また出会い系サイトに慣れている女性は、相性がよければ100%セフレ化します。

5. 自称サバサバアピールをする

割り切り希望をしている女性と連絡を取り合っていると「私ってサバサバしてるんだよね」「結構ドライだから細かいことは気にしない」「過去の過ちはすぐに忘れる」と、自称サバサバ系女性アピールをしてくる人がいます。こういったタイプは高確率でセフレ化する傾向にあります。

自称サバサバタイプの女性は「自分は面倒なタイプじゃない!一緒にいて気を使わせない!」と男性に自分の売り込みをします。そのためこちらが「本当に一緒にいて気楽だよ」といえば「じゃあこれからも割り切りで会おう」と言い出す傾向にあるのです。彼女たちも都度違う男性に声をかけて、割り切り交渉をしたり、相手を探索するのが面倒なのでしょう。なので、このような流れに話を持ち込む傾向が強いのです。

6.敬語からタメ口になる

出会い系サイトでメッセージのやりとりをしている最中、最初は敬語だったのに途中から突然タメ口になる女性。またLINE交換した瞬間からタメ口になる女性。こういったタイプは、言葉遣いが変わった瞬間からセフレ化すると思って問題ありません。

はじめまして。〇〇と言います。葛飾区に住んでいます。仕事は事務職です。彼氏はいません。
興味があったのでメッセージを送りました。私も土日休みなので、時間の都合は合わせやすいと思います。よかったらお話できませんか?

このような絵文字や顔文字もないガチガチの敬語メッセージを送ってくる女性は、かなりガードが固いです。しかしそんな女性も数回のメッセージを重ねていく中で、下記のように変化していきました。

そうなんですね!私もお菓子は好きかな。甘いものだったらチョコレートが好きかも。今度会うとき、池袋のチョコレート催事に行かない?イギリスのチョコとかもあるみたいで気になってたんだよね♡

口調も柔らかくなり、積極的になりました。この後、彼女とは割り切りセックスデートをしたのですが「今度はいつ会えるかな?」と帰り際にいわれました。当初は1度きりの関係希望だったのに、ここまで変化するとは流石です。

7.「好き?」と聞いてくる

セフレ化する女性たちは時間が経つに連れて「ねぇ私のこと好き?」「こんな子は好きだったりする?」と、好きかどうかを聞き始めます。早いタイプだとメッセージをしている最中で「好きか」聞かれます。また実際に会って、割り切りセックスをしたあとで「私のこと好き?」と聞かれたら100%セフレ化すると思いましょう。この質問がきたときに「好きだよ」といえば、会うたびにセックスができるようになります。

好きの種類を理解する
彼女たちの「好き」は恋人としての好きではありません。セフレとしての好き、友達としての好きである可能性が大。その点を理解したうえで「好き」の返事をしましょう。また恋人関係を意味する「好き」を求められた場合、状況によって返答をしましょう。好きの意味を咄嗟でも判断できるように心がけましょう。

8.「NO」と言わなくなる

出会った当初、下記のような縛りのある出会い条件を提示してくる女性。

  • 終電前までには帰りたい
  • カフェでお茶だけなら
  • ご飯後は予定があるから解散
  • 仕事後じゃないと会えない

このような条件でも問題ない人であれば「会える」と言うタイプは非常に多いです。とくに出会い系初心者や警戒心の強い女性は、事前に条件を提示して、問題ないか確認を取りたがります。
しかし事前に条件提示をするタイプは、実際に会ってみると「NO」と言わなくなる傾向にあります。「NO」と言わなくなるとは…

編集長小野
終電付き合ったらオールで付き合ってね?
26歳 OL
いいよ…

上記やりとりのように、当初提示されていた条件を破ってくれるようになります。また当日が難しくても「次はいいよ」と、次回会うときはOKを出してくれることも。このように「NO」と言わなくなれば、セフレ化したも同然です。
ちなみに条件提示するタイプのほとんどは、不安だから縛りを儲けているだけです。不安が解消されれば、問題がないので、定期的に会えるセフレ化しやすくなります。

9.愚痴を聞かされる

出会い系サイトを使って割り切り募集を行なっている女性の8割は、日常生活にストレスを感じています。旦那ストレス、家族ストレス、交友関係、仕事…など、いろいろなストレスを抱えています。そういったストレスを発散するために、出会い系サイトで割り切りセックスができる相手を探している人ばかりです。

そのため彼女たちは、心を開き始めると愚痴をこぼします。愚痴の内容は仕事や人間関係など。聞いていて疲れる内容もあるかもしれません。しかしここで愚痴を聞き流しては、いけません。「そうだよね」「わかるよ」「頑張ってるね」など、反応をして状況に耐えていることを褒めてあげましょう。すると彼女たちは、さらに心を開き「この人にならなんでも話ができる」と考えます。話を聞いてくれる人は、貴重な存在。できることなら定期的に会って、自分の心の拠り所になってほしいものです。その一心からセフレ化する傾向があるのです。

10.下ネタがエスカレートする

会っているとき「どんなエッチが好き?」など、他愛もない話題を出して盛り上がる人たちも多いと思います。そんな中で、女性が下ネタやアダルトな話ばかりをしはじめたらセフレ化すると考えてください。女性同士、ガールズトークの際にエグい下ネタを話し合うことはあっても、男性にはそういった話をしない人がほとんどです。女性が進んで下ネタやアダルトな話を男性にするということは、心を開いた証拠です。一度心を開いた相手とは、トコトン付き合おうと女性は考えるものです。定期的に会えるセフレ関係に発展できます。

11.疑似恋愛を楽しもうとする

セフレは心の拠り所です。恋人関係のように将来を考えたり、束縛をする必要もなく、友達よりも深い関係になれる。それがセフレです。働く女性が増えている現代では「今は仕事が忙しいから恋人が欲しいとは思えない。それでも寂しい…。」「夜に電話ができたり都合が良いときに性欲が満たせる関係が楽」このような考えを持つ人が増えています。そのため割り切り関係を求められていても、突然疑似恋愛を持ち寄られたり、恋人のような要求をされることもあります。もし女性側が疑似恋愛を楽しもうとしてきたら、それはセフレ化する大きな予兆です。疑似恋愛ができる関係は心地よく、心身共に満たされます。まさに理想心の拠り所です。

12.キスマークをねだる

セックス中にキスマークをせがまれたら確実にセフレ化すると思って問題ありません。女性は適度な束縛に心地よさを感じる人が全体の7割ほどいます。彼女たちは、キスマークなどの一時的な束縛の証にトキメキます。解散後や翌日につけられたキスマークを見て余韻に浸ります。そして「また会いたい」「次はいつ会える?」と積極的にアプローチしてきます。ここまでいけば、セフレ化は完璧です。

13.出会ったあとでも頻繁に連絡を送ってくる

出会ったあと「今日は楽しかったね」「今度は○○しよう」「今日はありがとう」などの連絡が届けば、セフレ化できると確定パターンです。居心地が良い、楽しかった、セックスがよかった…どんな場合でも相手が「また会いたい」と思ってくれれば、完全にセックスができます。タダマンゲットです。
セフレ関係は「セフレになろう」と宣言をする必要はありません。会ったら自然の流れでセックスをする関係がセフレです。とくに気を使わず、都合よく、束縛やプレゼントも不要な友達以上恋人未満の関係。そういった関係になるためには、女性に好いてもらう行動を行いましょう。

  • 意見を全肯定する
  • 優しく紳士に扱う
  • 主導権を握る
  • 居心地の良い存在になる

この辺りができれば完璧です。割り切りからセフレ化しそうな女性の心の拠り所になってあげましょう。

14.セックスのバリエーションを増やそうとする

割り切りだけで満足できる女性は、やってみたいセックスの話はあまりしません。そもそも割り切りで満足できる女性は「1度だけの関係だから挿入があれば問題なし」と、大雑把に考えている人ばかりです。しかしセフレ化しやすい女性は「前戯はたっぷりがいい」「AVみたいなプレイがしたい」「コスプレでエッチしたい」など注文や要望が多いです。

連絡を取り合っているとき、会って食事をしているタイミングなどで、そういった会話があればセフレ化すると思って問題ありません。要望や注文は基本1度で叶えることはできません。そのため叶えるために、必然的に何度も会わなければいけなくなるのです。

出会い系サイトに取り憑かれた女性をゲットできる場所


割り切り関係希望の女性が集まりやすい出会い系サイトの代表はPCMAX(18禁)です。PCMAXは通称「割り切りの巣窟」とも呼ばれており、出会い系サイトの中でもダントツで尻軽女をゲットできるサイトといわれています。

「割り切りの巣窟」PCMAXがヤレる出会い系と呼ばれる30の秘密

2019.02.28

PCMAX口コミ評判からわかる5つのメリットとお得な登録方法や出会い方を暴露

2019.01.27

またPCMAXは出会い系依存症女性の利用者数が業界トップ。毎日取り憑かれたようにサイトチェックをしている女性が多数集まっているので、出会い成功の確率が格段に高いのも特徴となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

How to Sxfriendの編集長。年齢やビジュアル問わない、正真正銘の女好き。出会い系サイト、風俗、立ちんぼ、ナンパ…あらゆる方法で日本全国の女性を入れ食い。経験や経歴を活かし、役に立てればと2018年How to Sxfriendを開設。