♡欲求不満女子とセックス情報♡

ディズニーランド・シーでナンパを成功させる方法【3つの魔法】

ディズニーランド・シーでナンパはできる!

ディズニーランド・シーといえば、千葉県を代表する大人気スポット。常に数万人規模の人たちが出入りしている場所なので、ナンパをするには最適だったりします。家族連れやカップルなどもいる中で、女性同士で来ている客も多く、ナンパするのには打って付け。

しかしディズニーランド・シーでナンパなんてできるのでしょうか?

ネットでディズニーでのナンパ情報を検索すると「失敗して地獄のような思いをする」などと書かれているものも見届けられます。

ですが、知恵袋では、こんな意見も。

今日ディズニーランドに行くのですが、逆ナンされたいです。ディズニーランドにナンパ・逆ナンスポットはありますか?

出典元:Yahoo知恵袋

「ディズニーで逆ナンされたい」という女性と思わしき人物のコメント。このように実はディズニーでは、女性がナンパ待ちをしているケースもあるのです。驚きですね。

そこで今回は、ディズニーランド・シーでナンパを成功させる方法を紹介します。

ディズニーでナンパを成功させる条件

まず最初にディズニーランド・シー共に「ナンパしても良いタイプ」と「絶対にダメなタイプ」の二種類がいることを伝えておきます。タイプを見定めず、一般的なストナンの感覚で、不特定多数にひたすら声掛けをすると通報されます。

通報後は、キャストに厳重注意され、最悪の場合は出禁になることもあります。酷い場合は、強制退場となります。もちろん強制退場になったら入場料金の返還はありません。必ず声かけをしても良いタイプ・悪いタイプを見定めるようにしましょう。

ナンパしても良いタイプの特徴

ナンパをしても良い女性は、以下のようなタイプです。

ナンパOKな女性の特徴
  • 女性同士で遊びに来ている
  • カチューシャを付けたりディズニーを満喫している
  • 軽装〜普通の荷物量、大荷物ではない
  • 普通に楽しそうに過ごしている

このように一般層と思わしき女性たちは、ナンパをしても問題ありません。特に10代〜20代の比較的若い女性たちは、ナンパ待ちをしているケースも高く、意外と成功率が高くなっています。

突然、男性から声をかけられても反応が良ければ「え!」と、喜んでくれたりします。普通にディズニーで楽しそうにしている女性同士の客は、ナンパに最適です。声掛けをしてみましょう。

絶対にダメなタイプの特徴

基本的にディズニーでナンパをしてはいけないタイプは、オタクです。いわゆる“Dオタ”と呼ばれる分類の女性たちは、ナンパをしない方が良いです。

彼女たちは、アトラクションに乗ったりはせず、推しダンサーやキャラクターを見る目的でディズニーに来ています。そのため声をかけても無駄です。

そしてディズニーリゾートのルールや勝手を理解しているので、キャストに不審者として通報される可能性があります。SNSにも容赦無く晒されます。

特にショーやパレードの待機をしているオタクたちは、気が立っています。場所確保のために座っているので、声掛けはしやすいです。しかし一歩間違えれば、逆ギレし、通報されます。絶対に声掛けはさけましょう。

注意すべきオタクの特徴
  • キャラクターのぬいぐるみバッチを大量につけている
  • ショーやパレードを見るために最前列〜2列目で場所取りをしている
  • 一眼レフを持っている
  • グリーティング施設や待機列に一人でいる

彼女たちのよなタイプは、特にショーやパレード時には殺気だっています。座っている女性に「これって何やるんですか?」「ここ空いてます?見てもいいですか?」などと声をかけると、明らかに嫌な顔をされます。人によっては、親切心で「いいですよ」と言ってくれますが、その後に話し込もうとすると拒絶。それどころか、通報する場合もあります。

ショーやパレード中のオタクのナンパは、危険です。絶対に避けるようにしましょう。

オタクをナンパする方法

もしオタクを狙いたい場合は、整列のないフリーグリーティング(フリグリ)でキッカケを作りましょう。フリーグリーティングの場合、整列がないのでキャラクターがゲストを選び、撮影してくれます。その時にオタクが撮影する姿を手伝ったり、グリーティング終了後、声をかければナンパができる可能性もあります。

ですが、お見送りの最中だったり、待機している段階で声をかけると威嚇される可能性もあります。十分に気をつけて、オタクのナンパは行いましょう。

【3つの魔法】ディズニーでナンパを成功させる方法

ここまでナンパしても良いタイプ・悪いタイプを紹介しました。次のステップでは、ナンパを成功させる具体的な方法について紹介します。ディズニーランド・シーで適応する方法なので、それっぽく「3つの魔法」として紹介します。

①男性同士2人以上で行く

ディズニーでのナンパは基本的に2人以上で行くことが条件になっています。そもそも女性たちもオタク以外の子は、基本的に2人以上で来ています。

そのためスムーズな声掛けを成功させるためにも2人以上で行く方が良いです。友達同士やナンパ仲間同士でも良いので、まずは最低2人以上で行くようにしましょう。

ディズニーで一人でナンパを行う場合は、それなりのビジュアルとテクニック、経験力が必要になります。一人でナンパをしたい場合は、ディズニーリゾートを把握し、ストナンのスキルをしっかりアップした上で行かなければ失敗します。不審者扱いされる可能性も上がるので気をつけてください。

②手を振ったりキッカケを作ってナンパする

ディズニーランド・シーは、夢の王国です。

一般的なストナンの手法で、不特定多数に声をかけても意味がありません。失敗する可能性も高く、女性から嫌がられることもあります。なので、ディズニーランド・シーの特徴を最大限に活かした手法でのナンパが勝利に繋がります。

例えば、手を振る方法。

ディズニーランド・シーどちらも共に一般客同士が手を振り合っていたりしますね。ディズニーに来ている時、多くの人が非日常的な体験をしているため、普段よりも明るく陽気な雰囲気になります。

そのためアトラクションに乗りながら不特定多数の人に手を振ったり、微笑みあったりしている光景が日常的にあります。そういった光景を上手く利用してナンパをすれば、意外と簡単に連絡先を交換してくれます。

  1. 目を合わせる
  2. 手を振る
  3. 会話をする

この手順で簡単にナンパは成功できます。「目が合っちゃいましたね〜」「可愛いから手を振っちゃいました」このような一言から簡単に会話が広げられるのが、ディズニーマジックです。

上手くディズニーマジックを利用してナンパをすると良いでしょう。

おすすめアトラクション

またナンパが成功しやすいアトラクションも存在しています。ディズニーマジックをうまく使ってナンパがきるアトラクションは以下の通りです。

ナンパが成功しやすいアトラクション
  • ビッグシティ・ヴィークル(ディズニーシー)
  • オムニバス(ディズニーランド)
  • トムソーヤ島いかだ(ディズニーランド)
  • キャッスルカルーセル(ディズニーランド)

かなりマイナーなアトラクションがメインになりました。が、ビッグシティ・ヴィークル(ディズニーシー)・オムニバス(ディズニーランド)は、最強のナンパアトラクションと言っても過言ではありません。

この二つのアトラクションは、車に乗ってゆっくりと園内を散策するものです。時間的には大体5分くらいで終了する上に、混雑時でも比較的待ち時間もなく乗ることができます。このアトラクションに乗りながら女性に手を振り、振り替えしてくれたら下車後、声掛けに行く方法が最強のナンパテクニックになります。

車が走るコースは軽食を食べるのに立ち止まっている人や並んでいる人たちが多いエリア。なので、下車後まで手を振り替えしてくれた女性が同じ場所に留まっている可能性もあります。

他にもトムソーヤの島いかだは、濡れたり、大変な思いをするアトラクションなので、女性同士で挑戦している人に声をかけて、その後に仲良くなれたりもします。キャッスルカルーセルはディズニーシーにもありますが、ランドの方が目が合いやすいので、おすすめです。

マイナーなアトラクションで攻めるとナンパ成功率は、かなり高くなります。

③連絡先の交換はインスタIDでもOK

連絡先の交換はラインや電話番号ではなく、インスタのアカウント交換がベターです。ラインや電話番号の場合、相手からも懸念されやすく、失敗する可能性があります。

ですが、インスタのアカウント交換であれば、日常的に行われているもので、尚且つ相手の素性もチェックできるので安心。ディズニーに来てナンパをOKしてくれる層的にも、インスタのアカウント交換の方が容認してくれやすい傾向にあります。

なので、ナンパを行う場合は、インスタ交換をすることを意識しておくと良いでしょう。

ディズニーでのナンパは、お持ち帰りやワンナイトの難易度がかなり高いです。入園時間によっては疲れている人もいるので、後日セックスまたは退園後一緒に飲みに行くなどの予定を組むと良いです。

ディズニーのナンパ成功率は高い!

いつの時代も大人気のディズニーリゾート。千葉県の中でも最強のナンパスポットと呼んでも良いと思います。ナンパ目的で訪れている人の数も少ないので、ライバルも少なく、意外とナンパ目的の人にとって穴場スポットになっています。

入園料金が高い点は懸念点ではありますがチケットキャンプや金券ショップ、オフシーズンに行けば割引が適応され、意外と安く入園することができます。入園料はかかりますが、それでもナンパし放題で遊べる場所なので、おすすめです。

訪れている人たちもナンパに対して、普段よりもガードがゆるくなり、意外と簡単にアカウント交換などをしてくれますし、難易度は低いスポットになっています。

ナンパをする際は、通報などに気をつけて、ルールを守り楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
ピンクタイガー虎丸
ピンクタイガー虎丸。大人の遊びを大人らしく楽しむをモットーに生きる普通のリーマン。風俗狂いの素人。たまにストナンも。メンエスが生き甲斐で息の場所と語る彼。