援交の相場!本番をするときも怖くない!料金一覧を紹介

プロのナンパ師、長谷川です。今回はナンパ師もたまに風俗感覚で利用しがちな援助交際、略して援交について紹介します。

援交の相場

人生ではじめて援交をしようと思っても金額感がわからずに、なかなか踏み出せない…。

女性の開示する金額通りに支払ってしまい、風俗で遊ぶよりも高くついてしまった。

そんな経験はありませんか?

そこで今回は日本全国の援交の相場について紹介をしたいと思います。

援交の相場を知っておけば、なにかあったときに「このくらいの金額でお願い」と言えます。

そういった点を踏まえても援交の相場の把握は、必要不可欠。まずは”どのくらいなのか”を把握しておきましょう。

本番の日本全国援交相場
ゴムあり 10,000円〜20,000円
2回目(ゴムあり) 5,000円
デートあり(ゴムあり) 30,000円
ゴムなし・外出し 25,000円
ゴムなし・顔射 30,000円
ゴムなし・中出し 40,000円
2回目(ゴムなし) 10,000円
顔射 プレイ料金+10,000円

この金額をベースにオプションなどを付けていくのが援交の相場と言われています。

また上記のものは本番ありきの援交です。

基本的にこれらの料金とは別でホテル代が発生すると考えてください。

援交はラブホテルで行うものが基本です。デリヘルのように自宅へ招くことはできません。

100%ラブホテルに行かなければいけないと思っておきましょう。

以上のことも踏まえて本番援交を行う場合は、大体3万円〜5万円くらいの金額を持っていくと余裕と考えておくと無難です。

相手によってはそれ以下、それ以上かかる可能性も考えられます。

どんな場合でもすぐに対応ができるくらいの余裕は持ち合わせておきましょう。

本番援交のできる出会いの場所
18歳〜19歳・20代 PCMAX・18禁
20代 ワクワクメール・18禁
30代・40代 ハッピーメール・18禁

30代・40代の女性たちは平均金額よりも安く援交をさせてくれるケースが多いです。

デートクラブや交際倶楽部で紹介される女性たちと援交をしようと思えば数十万単位のお金が必要になります。しかし出会い系サイトを利用すればコスパ良く・相場よりも安く援交を楽しめます。

風俗店を利用するよりも格段に安い価格で遊べることも。場合によってはタダマンできるチャンスもあります。

タダマンを見つけて5分で口説き落とす方法とは!?

2019.06.10

タダマンを見つけて1週間以内にセックスできるか検証してみた

2019.02.23

タダマンできればコスパは抜群!そういった女性を狙うのも◎。

また本番(セックス)のないプチ援交では相場が異なります。

本番なしのプチ援交相場
手コキ 3,000円
フェラ 5,000円
お触り(おっぱい) 3,000円
お触り(手マン) 5,000円〜7,000円
フレンチキス 1,000円〜2,000円
ディープキス 3,000円

プチ援交は場合によってはホテルではなく漫画喫茶や車の中でも可能です。

援交初心者やプチに慣れている子は、身の危険を感じたくない・密室は避けたい・人目に触れやすい場所でやりたい・早く終わらせたいと考えているため、漫画喫茶やカラオケ、車の中を選択してきます。

これらの場所で行えるプチは、ラブホテルを利用しなければいけない本番援交よりも場所代を抑えることはできます。

しかしプチ援交の相場は、本番ができる子と比較をするとコスパが悪く感じられます。

しかしこれができる子は、9割がJKやJC。18歳以下の子です。

またビジュアルの良い子もプチ援交では上記のような金額感で交渉をしてきます。

アンダー(18歳以下)が好きな方は、このくらいの金額感でプチを楽しむのも良いかもしれません。

【U18】都内のおすすめアンダーJKリフレ店・現役キャストに聞いてみた!

2019.08.25

しかしアンダーは違法です。市区町村の条例によって罰せられる可能性もあります。十分に気をつけましょう。

プチ援交相手もPCMAXが一番もっとも出会える場所といわれています。

援交の相場は年齢によっても違う

まず大前提として援交の相場は、年齢によって若干違う場合があります。

援交の相場の金額をこちらが伝えても「私は若いから」と納得しない女性もいます。

逆に女性の年齢やビジュアルによっては、それ以下の場合もあります。

そういったときは、ケースバイケースで金額をこちらも若干変えられるようにしておきましょう。

とはいえ、数万円単位で金額を変える必要はありません。

2,000円〜9,000円くらい変える気持ちでいてください。

あまり金額を増やしすぎてしまえば、相手もつけ上がります。

また安すぎる交渉をすれば、女性によっては「じゃあもうやらない」と言い出す可能性も考えられます。

どんなことがあっても良いように大体1万円以下の金額を開示できるようにしておきましょう。

「じゃあ3,000円プラスでどうかな?」「それなら5,000円プラスするよ」このように伝えるだけでも相手の対応は大きく変わります。

逆に予算をこのくらいプラスできる余裕があれば、大半の女性と援交ができると思ってください。

また予算を増やせるという方は、オプションを付けられる可能性があると考えておいてください。

援交のオプション

援交のオプションとは、基本となるプレイ以外にハードなプレイやマニアックなものを個人的にお願いをして承諾してもらうこと。

例えば…

  • アナル舐め
  • アナルセックス
  • 着衣、コスプレ
  • 顔面騎乗位
  • 聖水
  • アナル攻め
  • ハメ撮り
  • オナニー観賞
  • 下着の持ち帰り

などなど。風俗のように援交でも女性によっては、オプションをつけることができる子もいます。

援交に慣れている女性は「別料金でこんなこともできるけどやる?」と聞いてくれるケースもあります。積極的な子や稼ぎたいという気持ちが強い子は、このような提案をかならず行うイメージです。

しかし援交初心者の子やあまり口数の少ない子は、オプションについては触れないケースがほとんどです。

もしそういった子に会ってしまったら「プレイとは別に●●はできる?」と確認をとってみましょう。

大体の子は「別料金でできるよ」と回答します。サービス精神の強い子は「無料でいいよ」と言ってくれることも。

これは女性次第ではありますが普通のプレイだけでは物足りないかもしれないと思う方は、オプション代も一応持っていきましょう。

場合によってはキスをオプションにしている女性もいます。

「キスは好きな人としかしたくないの」などと言って、一切キスなしでセックスをしようとする女性も。場の空気を盛り上げるためにもキスオプションは必須としておいた方が良いかもしれません。

普通のプレイ以上に楽しいことができるかもしれません!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ハウセフ編集部:高柳

キャバクラ店・風俗店の店長経験あり、アダルトサイト運営経験あり、元ホストのカリスマ色男。バイセクシャルの彼は、あらゆる女性を知り尽くし、男心も鷲掴みにする、まさに天性の色男。