♡欲求不満女子とセックス情報♡

災害地でオナニーはダメ?被災地や避難所でムラムラした時の対処法

災害地や避難所でのオナニーは禁止?

今現在、SNSやネットでは災害中の被災地や避難所での性犯罪やオナニーが話題を呼んでいます。

自治体やテレビ番組でも「トイレへ女性・子どもなどは1人で行かない」などの注意喚起が出ています。このように報道されるくらい、災害地や避難所での性犯罪は多いのです。そのため男性は、極力不特定多数の人が集まる避難所のような場所では、性犯罪を匂わす行動は控えた方が良いでしょう。

基本的にオナニー自体、不特定多数の人が集まる場所では行わない方が良いものです。場合によっては公然わいせつ罪に該当します。

また資源も限られているため、水を使わなければいけないトイレでのオナニーも控えた方が良いでしょう。プライベートな空間も限られており、プライバシーもないに等しい避難所もあるので、オナニーのような行為は我慢した方が良いです。

とはいえ、性欲が湧き起こることは、生理現象の一環です。昔から「危機敵状況で性欲が高まる」と言われている通り、命の危険性を感じた時、男性はテストステロンと呼ばれる性欲を高めるホルモンの分泌が増えます。これを理性で抑えることができれば良いのですが、抑えられずレイプなどの犯罪行為を行う人も一定数います。

もちろんレイプや痴漢などの犯罪行為は絶対に行っては、いけないものです。

しかし自分で性欲を抑えたくても「ムラムラしてしまう」「緊張感で勃起が治らない」などといった症状が出る人もいます。そこで今回は被災地や避難所でムラムラした時の対処法を紹介します。

避難所でオナニーやセックスがしたくなった時の対処法

どうしても理性や性欲が抑えられず、困った場合は、プライベートな空間でオナニーをするようにしましょう。被災地で過ごす方の大半は、トイレや車の中で性欲を満たすと言います。第三者に見られないように、自分だけの空間で性欲を満たせば、誰にも迷惑はかかりません。

またパートナーがいる場合は、車の中を使って行為をするようにしましょう。災害が起きた場所や土砂、家の崩壊などのある場所は、怪我をしてしまう危険などもあります。車の中でできるだけ静かに行為をするようにしてください。

どうしても被災地や避難所の周辺には、人がいます。誰かが見ている場所での行為は、公然わいせつ罪に該当しますし、恐怖や不安を煽る行為になります。絶対に誰にもバレないように徹底して、行為は行うようにしてください。

もしそれができない場合は、避難所生活の期間中はオナニーやセックスは控えてください。

行為を見た人はトラウマになる可能性も高い

そもそも第三者にオナニーやセックスを見せることは、恥ずかしいものです。誰かに見られることで満たされるフェチの人でない限り、そういった行為は極力避けた方が良いものです。

また自分はオナニーやセックスでスッキリできるかもしれません。しかし避難所に来て、災害に対する恐怖や悲しみを抱いている人が第三者の性行為を見たら、どう思うでしょう?

怖くてトラウマになってしまう可能性もあります。絶対にそういった迷惑行為はしないようにしてください。

また避難所で気になる女性や好きな容姿の人がいた場合、その人を追わないようにしてください。

3.11で当時私高校生で友達と避難所行ったんだけどみんなそれぞれ自分の寝るスペースを確保し出した時暗黙の了解で夫婦子連れの家族を除き男性女性でなんとなく分けられる中しつこく私達の傍を確保しようとするおっさんがいた。明らかに不審過ぎて周りの大人達が強めの口調で注意してくれたけど本当に気持ちが悪かったし怖かった。世の中の男性の殆どは理性を保てる普通の人間だがごく一部人間の皮を被った畜生がいることを女性は忘れないで。絶対一人でトイレに行ったりしないでほしい。

起きたらすごいことになってた。でも少しでも多くの人に届いたと思うと良かったと思う。因みに私の高校は東北の方ではなく関東の高校です。車で迎えにきてもらうにしても道路は大渋滞電車も完全に止まり地元の駅に帰れない状況だったので近くの小学校の体育館が避難所になってたので行った感じです。

どんなふうに注意してくれたかは正直10年以上前だから曖昧だけど誰かか何かを言う前から私達が場所を移動する度にくっついてきてたのでそれを見たのか子連れのご夫婦が「ちょっとあんたおかしいでしょ!」ンタラカンタラ…(結構デカめの声量でキレてた)でそれと同時に他の大人達が「そうだそうだ!」って言ってくれて男性側で仕切ってた人がこっちに場所あるから的なこと言いながら誘導してくれた感じだったかな。私達はもう色々怖くて呆然としてただけ…今だから思うけど若い頃なんておかしいと思っても中々言えないと思う…自分も当時守ってくれたご夫婦の様な大人になりたい。

出典元:X

このように人を怖がらせてまで、自分の性欲を満たすことは大きな間違いです。絶対にやってはいけないことです。注意してください。

避難所でオナニーをしないためにも性欲を抑える方法

できるだけ被災地にいる場合、避難所や近隣でのオナニーやセックスは避けた方が良いです。万が一、性行為がバレてしまえば周辺の人や近隣地域に住んでいる人たちから迫害される可能性もあります。自分の名誉のためにも、できるだけ性欲を抑えるようにしましょう。

とはいえ、恐怖心がテストステロンを高めて、自然と性欲を高めてしまうこともあります。理性で抑えることができれば良いのですが、災害に対する恐怖や苛立ち、プライバシーのない避難所生活でのストレス、災害地での将来や現状に対する不安や不満など、いろいろなことが重なり辛い状況になるものです。普段ならば理性が働いても、このような状況が原因で、抑えることが困難になる人もいるでしょう。

そこでテストステロンを抑えるためにも有効と言われる方法を紹介します。万が一、被災地で性欲が高まってしまったら以下の方法を実践してみましょう。

強いストレスを感じる

神経内分泌機構の機能低下は、テストステロンを抑えるのにもっとも有効と言われています。神経内分泌機構の機能低下とは、強いストレスを感じ精神的に疲労を与えるとです。

今現在、もし危機的状況が原因で性欲が高まっているのであれば、それ以上に強くて苦しいストレスを感じるようにしましょう。例えば、辛い状況の人の話を聞いてあげたり、被災した自分の状況を見つめ直したり。

かなりキツく、非道徳的な方法ではありますが性欲が原因で第三者に迷惑をかけないためにも、自分を抑えるために強いストレスを感じましょう。

グレープフルーツの香りを嗅ぐ

物資の少ない被災地や避難所でグレープフルーツを手に入れることは至難の業。しかし香りなどでも良いのでグレープフルーツ関連のものがあれば、香りを嗅ぎましょう。

グレープフルーツには、フラノクマリンという物質が含まれています。このフラノクマリンには、女性ホルモンの分解を抑えて濃度を高める効果があります。女性ホルモンの分泌が抑えられ、濃度が高くなれば、必然的に男性ホルモンの分泌は減少します。

性欲を抑えるためにもグレープフルーツの香りは、とても良いのです。

運動や汗をかく

体を動かすと汗や尿でテストステロンが体外に流出すると言われています。被災地や避難所にはボランティアのできる場所が多数あります。体を自由に動かすことができる状況ならば、思い切って体を動かすボランティアを行い、性欲が収まるようにしてみるのもありでしょう。

人の役に立って、体を動かし、性欲も抑えることができれば、一石二鳥です。助け合って元気に努められるようにしていきましょう。

避難所でオナニーよりも助け合いを!

2024年の元旦頃に発生した能登半島地震では、SNSやネット上で過去数年以内に起きた性犯罪の事件を元に注意喚起が行われていました。

実際に東日本大震災や熊本の震災、阪神淡路大震災など、あらゆる災害で性犯罪は起こりました。性犯罪に巻き込まれてしまった人たちも被災者であり、悲しい思いをしている人たちです。そういった女性や子供を二度辛い思いをさせることは、絶対に許されない行為です。

また水道や電気などのインフラが普及した後であれば、トイレの水も使えるようになるので、個室でのオナニーは許されます。ですが、限られた資源の中で性欲を満たすために資源を使うことは、周囲の人たちに迷惑のかかる行為です。少し我慢をして、性欲を抑えられるように頑張りましょう。

災害はとても辛く大変なものです。特に天災は人間が自由にコントロールのできないものです。だからこそ、被害に遭った人たちをさらに傷つける行為は絶対にあってはいけません。しっかりと自分の性欲をコントロールできるようにしていきましょう。

1件のコメント

自分はゲイなので、ゲイの関係した仕事がしたいけど、何処も自分な気持ち悪いと言われ不採用されます、どうしたら採用されますか?自分石川県輪島市住んで居る53歳独身男性ゲイなのでゲイワークを
視てますけど、どれが本当の勃起かは解らないです、なので改めてお願いします、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
ピンクタイガー虎丸
ピンクタイガー虎丸。大人の遊びを大人らしく楽しむをモットーに生きる普通のリーマン。風俗狂いの素人。たまにストナンも。メンエスが生き甲斐で息の場所と語る彼。