♡欲求不満女子とセックス情報♡

愛人が欲しい人必読!理想の愛人をゲットする5つの方法を教えます

愛人ゲットのハードルが落ちた時代

家庭も落ち着き、お金もある程度持てるようになり、余裕が生まれると男性は「愛人が欲しい」と思うものです。愛人とは不倫相手という意味でもあります。

また世間的な愛人のイメージといえば、有償で関係を築く女性の印象もありますね。現代風の愛人関係は「パパ活」と呼ばれることもあります。呼び名の変化の影響もあってなのか、実は昔よりも今の方が愛人を作るハードルが低くなったと言われています。

過去に愛人を作るには年収800万円以上が必要といわれていました。「お金がなければ愛人を作ることはできない」「二番さんと遊べない」などと、昭和の時代は言われていました。

ですが、コロナ禍以降の最近では年収300万円代でも愛人をつくることが可能と言われています。

と、いうのも不景気の影響もあり、愛人関係を希望する女性の母数が増えました。そのため容姿や作法、教養レベルは低い女性も愛人希望し、活動をするようになりハードルが大幅に下がったと言われています。またレベルの低い女性たちは、少ない報酬や金額で愛人契約が可能なので年収の低い男性でも、簡単に遊べるようになりました。

愛人関係に対するハードルが下がっている今、心のどこかで「愛人が欲しい」と思ったのであれば即行動をしましょう。確実に愛人は手に入れられます。

愛人をゲットできる場所を教えます

愛人への憧れが強い方の過半数は、女性に容姿レベルの高さ、教養、丁寧さ、ホスピタリティ、セックスへの積極性、癒しなどを求めることでしょう。確かに愛人として、お金を払って付き合うならば、ある程度高いクオリティの女性と付き合いたいものです。

容姿は好みが分かれますが愛嬌の良さや教養、礼儀の良さなどは絶対に必須となることでしょう。もしこのようなハイスペックさを求めていない場合や一度だけのセックスでも良い時は、援助交際目的の子を探した方が良いです。

しかしスタイル抜群、容姿端麗、気遣いのできる癒し系…そんな女性を求めているのであれば、以下のような場所で出会うと良いでしょう。ストリートナンパや相席屋と違って、質の高い女性と確実に出会うことができるので、あとはお金を使った交渉を行えばOKです。

愛人を作る上で、お金持ちアピールをすることは絶対必須事項です。お金がなかった場合でもすごい仕事をしている雰囲気を作り、余裕のある人を演じましょう。

それでは早速、レベルの高い女性と出会えるスポットを紹介します。

【余裕がある人向け】夜のお店

夜の街で働く女性は美しい人が多いです。特に飲み屋で働く女性たちは、身なりに気を使い、日ごろから会話のセンスや気遣いに磨きをかけているので、ホスピタリティも高いです。

愛人になりやすい職業
  • キャバクラ
  • ラウンジ
  • 会員制のバー
  • スナック
  • DC(デートクラブ)
  • 高級風俗

とくに高級店で働く女性は、採用試験の基準も高いので容姿レベルは最高峰。現役のモデルやレースクィーン、グラビアアイドルが所属しているお店もあります。

東京の銀座や六本木、大阪のミナミや北新地、福岡の天神など…日本のあらゆる場所にハイクオリティな女性を集めている飲み屋は存在しています。

最近はインスタグラマーやインフルエンサーとして、デビューをしているVIPなキャバ嬢やラウンジ嬢も存在しています。「普段、飲み歩かないから優良店がわからない。」そんな人は、SNSやポータブルサイトをチェックしてみると良いです。キャバクラやラウンジなど、あらゆる店がポータブルサイトに広告掲載をしています。売り込み中や人気なコンパニオンは、ピックアップして紹介されている場合もあります。

そいうったサイトを見て気になる女性に目星をつけて、指名で来店してみましょう。指名で来店した上で、何度かお店に通い、女性と仲良くなった上で愛人交渉をすると良いでしょう。

夜のお店で働いている女性たちは、仕事で色恋営業もしてくれます。ですが、プライベートで遊びたい場合は、それなりにお金を使わなければいけないデメリットもあります。特にランキング上位のコンパニオンは、お金持ちのお客様を大量に抱えているので、時間を使ってもらうにはお金で示す以外の方法がありません。

高級シャンパンを入れたり、ブランド品のプレゼントをしたり。愛人に至るまでの間に、それなりにお金は必要になります。その点をわかった上で、行く必要はあります。

金銭的に余裕がある人には、おすすめな出会い方ですが余裕がない場合には厳しい可能性があります。その点に注意をした上で検討をしましょう。

【誰でもOK】職場

最も身近な場所で簡単に出会いを見つけられる場所は職場です。同僚、部下、取引先、近隣店など仕事がきっかけで出会える人は、沢山います。そういった人たちと知り合えば一緒に過ごせる時間も長いため、満足のいく関係に発展しやすいです。

友達以上、セフレ以上未満のプチ愛人という関係も流行しています。まずはこの関係を目指して、口説いてみるのも良いでしょう。ちなみにプチ愛人には以下のような特徴があります。

プチ愛人の特徴
  • ちょっとしたプレゼントを送る
  • 食事をご馳走する
  • 相談に乗ってあげる
  • 仕事を手伝う

このように友達やカップルの延長のような関係なので、お金はそこまでかかりません。何かしらのキッカケを作ればちょうど良い交際関係に発展できるので手軽でおすすめです。

とはいえ、職場関係の出会いは短すぎるため周囲に関係がバレてしまうリスクは高くなります。相手によっては、仕事に影響が出る可能性もあります。また容姿が良い人と確実に出会えるという保証もありません。手軽ではありますがデメリットもそれなりにある方法になっています。

【富裕層向き】交際クラブ

愛人が欲しい男性と女性をマッチングさせてくれる交際クラブ。紀州のドンファンこと、和歌山県の資産家野崎幸助さん(享年77歳)が55歳年下の妻と出会った場所も交際クラブだったと言われています。

交際クラブは東京リッツ、ユニバース倶楽部、六本木オーキットなど、全国的に運営が行われています。入会料やセッティング代を支払えば、自分の理想としている女性を紹介してもらえます。

最近はお手頃価格な入会料やセッティング費用の交際クラブも増えてきました。ですが、やはり安価なクラブはレベルの低い女性が多く、とても楽しいとは言えません。そのため100万円前後の金額を用意して、それなりのレベルの交際クラブへ入会をしなければ、満足のいく愛人との出会いは手に入らないと考えた方が良いです。

また交際クラブは顔合わせの日程と場所は決める手伝いは、行ってくれます。しかし実際に女性と出会ったら、その後の関係地やお金のやり取りは自分たちで交渉をしなければいけません。交際クラブで生計を立てているパパ活女子と出会えば、驚くような金額を請求されることもあります。

ちなみに交際クラブではありませんがワクワクメールは、ハイクオリティな女性と出会える交際クラブに近しいサイトになっています。

交際クラブほどの高額な登録費やセッティング費用はかかりません。大体1,000円〜2,000円くらいで理想的な女性と出会えるので、かなりおすすめです。うまくいけば無料ポイントのみで出会うことも可能です。

芸能事務所やタレント育成所と提携している交際クラブは、レベルの高いハイクラスな女性ばかりが登録しており、魅力的です。しかしそういった場所は、入会費も紹介料も高額。いろいろと利用するためのハードルも高いので、お金に余裕がないと厳しいでしょう。

とはいえ、交際クラブに登録している女性の9割は報酬ありでの愛人契約を希望しています。食事やデートのみの関係希望者もいますが、中には最初から体の関係を希望している子もいます。融通はそれなりに利くので利用価値は高いです。

【おすすめ!】出会い系サイト

「とにかく愛人が欲しい!」そんなときに便利なものが出会い系サイトです。出会い系サイトは、手っ取り早く愛人を探せる最強の手段です。これ以上、簡単で安全な愛人探しの方法はないといっても過言ではありません。

もっともおすすめなサイトは「ハッピーメール」です。

NO1おすすめサイト

ハッピーメールといえば、大手老舗出会い系サイト。他の出会い系サイトと違って、偏りのない幅広い層の女性が登録をしています。セックスに対しても関心が強く、不倫や浮気、愛人希望の女性も一定数登録があります。

掲示板を見てみるとぱっと見は、サクラのように思える投稿もありますが9割の人は確実に出会えます。日本全国で使える上に、スムーズに出会える点も魅力的です。

20代が中心となっており、若くて可愛い子と出会うことも可能です。プロフィール検索を使って自分の好みの子を探せます。愛人作りのハードルも低く、誰でも手軽に出会ってくれるので、理想的な二番目の彼女をゲットできるに違いありません。

ただしハッピーメールで愛人募集をしている女性は、既婚者や金銭目的ではない人もいます。一定数「既婚男性が好きで普通に恋愛をしたい」「既婚者とエッチがしたい」というエロい女性も利用しているので、有償恋愛を希望する場合は要注意。とはいえ、お金がかからないセックスも可能なので、場合によっては遊んでみても良いと多います。

愛人ゲットのために気をつけるべきポイント

理想の愛人をゲットするためにも、まずは女性からモテる男にならなければいけません。

“愛人を作る=余裕のある男性”という通り、心の余裕が重要になります。金銭的な余裕もあった方が良いですが、それ以上に心の余裕が大切です。そのためにも以下のポイントには、気をつけましょう。

束縛は絶対NG

「愛人になりたい」と考えている女性は9割が束縛を嫌います。

25歳大学院

相手には奥さんや家族がいるのに自分だけが束縛をされるのは嫌です。愛人と割り切ってデートやセックスが楽しめる束縛や干渉のない関係が理想的。

愛人は本命の恋人ではなく、二番目の恋人。“愛人=遊び”くらいの感覚で交際をすることが理想的です。適度な距離感を保てることが良い関係を築くポイントです。

愛人になる女性たちは、どんなに真剣に相手のことを好きになっても、奥さんや家族には叶わないと心の中で思っています。だからこそ、束縛や干渉のない割り切った関係を求める女性が多いのです。

また若い女性たちは、干渉をされる=束縛と考えているケースが多いです。帰宅時間の確認、無駄なアドバイス、余計なお世話など、小さな心配事も「束縛されている」と、感じて窮屈な気持ちになります。ストレスや窮屈さを感じれば、結果的に相手が離れてしまう可能性も十分に考えられます。

極力、愛人の恋愛事情や時間、生活に関する束縛はしないように心がけましょう。

時間とお金は投資。見返りはNG

愛人に見返りを求めてはいけません。見返りを求めることは、嫌われる理由につながると考えてください。時間やお金を費やす=投資をしているくらいに考えていると思いながら付き合うことが一番です。

彼女たちは愛人契約の話を持ちかければ、確実にお金を要求してきます。数千円単位で満足する子もいれば、数十万円単位のお金を要求する女性もいます。どんな場合であっても、愛人が欲しいと思ったのであれば「お小遣い」は渡せるようにしましょう。愛人を作ることは必ずお金がかかるものです。

お手当以外にもデート代や食事代、ホテル代、プレゼントなど意外とお金はかかります。セックスだけの関係であれば、毎回ホテル代程度の出費ですが、愛人となれば外で食事やお茶を飲んだりはするものです。それなりのお金は用意する必要があります。

また彼女たちが男性に費やす時間や感情は、お金のためにやっている行動です。彼女たちが金銭目的の付き合い方をするのは、愛人という肩書きがある以上、仕方がないと割り切った方が良いです。もちろん金銭関係なく感情を第一に付き合ってくれる女性もいるので一概に絶対とは言い切れません。

ですが、彼女たちにお金を支払うことは、セックス、デート、会話、癒し…あらゆる楽しい時間を送るための投資であると考えてください。

女性を育てる感覚で楽しむ

愛人たちからモテる男性は、女性を育てる感覚を備えています。

ビジュアル、ファッション、立ち振る舞い、言葉遣い…いろいろな面で女性をサポートし、自分の好みへと育てることを楽しみます。これは愛人を作る男性の特権でもあります。

ビジネスや勉学のために、男性から支援を求める女性もいます。そういった女性は、育て方がうまくいけば、なにかしらの形で恩返しをしてくれることもあります。

愛人を作ったら、彼女たちの成長を見届ける余裕を持ちましょう。

お金は貸さない

愛人は割り切り関係が前提です。きちんと愛人契約を結んで交際をする場合、契約外の行為はなるべく避けるべきです。

引っ越し、開業資金、学費など、何かと理由をつけて「お金を貸して欲しい」とお願いされる場面は訪れるものです。ここでお金を貸せばトラブルになる可能性も考えられます。最悪の場合は、お金を持ち逃げされてしまうこともあります。お金の切れ目は縁の切れ目という言葉の通り、お金が原因で悪い関係になることもあります。

健全な交際を続けるためにも、お金の貸し借りは絶対に行わないように心がけましょう。

また愛人との関係を円滑には、時々サプライズでお小遣いをプレゼントするのも有効です。お小遣いは何歳になっても嬉しいプレゼントです。「いつもご苦労様」と言って、会うたびにお小遣いをプレゼントできるようにしましょう。

愛人契約前に体の相性は確かめる

愛人契約を結ぶ前にセックスができれば理想的です。そもそも愛人契約を結ぶ関係に至れば、定期的にセックスはするものです。せっかくの愛人とのセックスで体の相性が悪ければ最悪です。

初回のデートは顔合わせを兼ねた食事、2回目以降のデートでセックス、3回目のデートで愛人契約が理想です。ある程度、契約や関係が深くなる前に体の相性は確かめておくと良いです。

「愛人が欲しい」「この子を愛人にしたい」と思っているのであれば、必ず契約を結ぶ前にセックスができるか、確かめましょう。人によっては「食事だけで」という子もいます。そういった子と会えるのにセックスができない関係は、あまりにも歯がゆいものです。

またセックスの相性が悪いと感じれば「次も会いたい」と思えなくなるかもしれません。体の相性は意外と愛人関係では重要です。

女性

愛人契約前にセックスができた方が気持ちが楽です。体の相性が悪い人と愛人になるのは苦痛です。割り切りも難しくなります。できるだけ「愛人にしたい」と思った時点でホテルへ誘ってほしい。

狙っている女性は、積極的に誘いましょう。

愛人契約を結ぶ時はルールを決める

愛人契約は相手からの強い希望がなければ、しっかりと作る必要はありません。とはいえ、付き合う上でのルールがあった方が双方安心できます。特に年齢の離れている相手と愛人関係になる場合は、ルールがあった方が、お互いのために良いです。

「愛人契約を結んで欲しい」とは言わず「今後も定期的に会いたいからトラブルを守るためにルールを作ろう」など、オブラートに包んだ言い方で話を切り出せばOK。女性たちも言い方がやわらかければ、安心して承諾してくれます。

また金銭面での話をする際は「対価」という言い回しを使いましょう。「お金」や「報酬」「給与」などの言い方は、気分を悪くする女性もいます。時間を費やしてくれる対価と強くアピールをして話を進めていきましょう。

そして愛人契約やルールを決めたら絶対に破ってはいけません。女性は嘘やルール違反が嫌いです。

一度でも破ってしまえば女性が別れを切り出す可能性も考えられます。またそれを理由に高額な謝礼金を請求されたりするパターンもあります。残念ながらこのような話を警察に持って行っても相手にはしてくれません。

パパ活りりちゃんの影響で、女性から金品を騙し取られたという理由で警察に駆け込む人は増えているようです。ですが、残念ながらそういった理由で警察も受理してくれるパターンは低く、決定的な証拠や騙された証明を提出しなければいけません。

面倒な問題を起こさないためにも、彼女たちとのルールは絶対に破らないように心がけてください。

愛人が欲しいなら即行動が鉄則

愛人が欲しいと思ったら冒頭で伝えた通り、即行動を取りましょう。女性を見つける、口説く、愛人契約を結ぶ、愛人として交際をする。この流れは、意外と簡単で誰にでもすぐにできます。

近年「愛人」という言葉は「パパ活」という新しい言葉に生まれ変わりました。言い回しが変わったことで「愛人関係」のハードルは大きく下がり、バブル期よりもお金をかけずに楽しめる関係になったといわれています。

また最近はレベルの高い女性が個人的にパパ活をしているので、ハイクオリティな若い子を簡単に抱けるようになったと言われています。

特に「愛人」と「パパ活」を別物と考えている若い女性たちは、男性に対して知性や教養、大人の世界を教えてくれる大きな存在と考えている部分もあります。そういったウブな女性をゲットできれば、ほとんど費用をかけずに愛人が作れます。

どんな場合でも、愛人は簡単に作れます。「愛人が欲しい」と思ったら、まずは理想の相手を探すための行動を起こしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
ピンクタイガー虎丸
ピンクタイガー虎丸。大人の遊びを大人らしく楽しむをモットーに生きる普通のリーマン。風俗狂いの素人。たまにストナンも。メンエスが生き甲斐で息の場所と語る彼。