【モテたい男性必須】女性がぶった切る!本当にモテる男の条件

モテたい男性にアドバイスをする記事を読んでいると、どれも男性目線ばかり。モテると自称する男性が書いている記事、ビジュアルが完璧な男性目線の記事は、全く参考になりません。そんな記事を読み、参考にしても、女性からモテない可能性の方が高いです。
そこで今回、恋愛経験豊富な女性たち5名を招き、座談会を行いました。

ゆうか
26歳OLゆうかです。経験人数は3桁超え♡今は彼氏募集中。恋愛依存症です!
えみ
33歳経営者えみです!今は婚活中♡バリバリのキャリアウーマンタイプ女子です。
かよ
22歳風俗嬢かよです。LINEの男友達数は600人♡職業柄、男性を常に見ているので今回の座談会には絶対参加したかった!
まゆみ
30歳ネイリストまゆみです。恋愛経験、男性経験共に2人だけです。本当に好きになった人とだけ付き合いたい派です♡
あきこ
24歳アパレル店員あきこです。ワンナイトラブ経験数は20人前後。メンズ大好き女子です!

彼女たちに今回はモテる男とモテない男について、話をしてもらいました。

モテたい男性必須!本気の女子座談会で明かされたモテる男の条件

モテる男性について

ーーそれでは早速ですが、みなさんが考える「モテる男性の条件」を教えてください。
ゆうか:モテる男性の条件…。ん〜、モテたい人って、無理に背伸びしてモテようとしているイメージがあります。でも実際にモテてる男性は、背伸びはしない。スマートな態度を取る。そんな人が多い気がします。
えみ:それ、すごくわかる。
あきこ:お会計のときに大声で「すみませ〜ん!」って叫ぶ人より、店員さんに静かに手を挙げて「お会計お願いします」と伝える人の方が好感度は高いよね。
まゆみ:些細な行動がスマートだと「いいな」と思えますね。まさにモテる男性。
えみ:まずモテる男性は無駄がない気もする。要するに要領が良い人がモテる
ゆうか:そうそう。時間配分、手際の良さ、気遣い…いろんなことに無駄がなく、要領良い人がモテますね。私もそういう人に会うと「スマートな人だな♡」って惹かれちゃいます。
かよ:風俗のお客さんでも「いいなぁ♡」って思える人は、背伸びをしない、要領が良い人が多い。ビックマウスになって、嘘や盛りすぎた話を背伸びして語る人より日常を語る背伸びをしない人が好き。そういう人はモテますよね!
一同:だよね!!(合意)
まゆみ:あとは清潔感がある人が良いですね。
かよ:清潔感がない人って、それだけでしてる。風俗のお客さんも清潔感がない人はサービスしてもらえないイメージがある。女性は清潔感のない人を嫌うよね。
一同:(全員、頷く)
あきこ:毎日お風呂に入る、髪・爪・ヒゲは整える、服や持ち物は全て清潔にする、必要最低限の清潔感が保てればOK
ゆうか:あとモテたい男性は、積極的になればいいんじゃないのかなって思います。
まゆみ:たしかに積極的な人はドキドキしちゃいます。少女漫画のヒロイン気分になれちゃいますし、積極的なアプローチって嬉しいですよね。
えみ:頻繁に連絡してくれる人はドキドキするね。
あきこ:積極的にデートに誘ってくれたり、連絡くれるだけでも嬉しくなる。なおかつ、ちゃんと女性の顔色を伺えれば絶対にモテる男になれる!
一同:(拍手)
かよ:あとは周囲の人に気遣いができることも重要。誰にでも横柄な態度を取ったり、乱暴な人はモテない。ヤンキーかっこいいみたいな考えは、10代で捨ててほしい。
ゆうか:あー、わかる。それと付き合ってなくても、セックスしたいなら良い雰囲気になった時点で早く誘って!って思っちゃいます。笑
あきこ:せっかく盛り上がってるのに誘われないと、正直萎えるよね。笑
一同:(全員、頷く)
えみ:出会い系サイトとかで知り合った人は、特にそうだよね。出会って3時間〜4時間くらい経過したらセックスに誘ってください!と思う。
ゆうかあきこ:私は2時間でOKです。笑
かよ:大体の子は、2時間〜4時間以内に誘ってほしいと思っている。
一同:その通り。

モテない男性について

ーー次のテーマは「モテない男性」についてです。みなさんが「モテない」と感じる男性はどんな人ですか?
かよモテたいオーラが全面に出てる人!
ゆうか:その通り!!必死な人はモテないんだろうなって感じますね。笑
まゆみ:自慢が多い人はドン引きですよね。
あきこ:いる!!お金や仕事の話ばかりする人は、大半がモテたいための自慢トーク。
えみ:そうそう。話し方がモテたいオーラが出てる。(笑)
ゆうか:あとは優しくない人、卑屈な人、マイナス思考な人…性格の悪いネガティブな人が苦手です。
かよ:それは人間として好きな人がいないと思う。(笑)
えみ人間として嫌われる人はモテないね!
あきこ:あとは単純に気持ち悪い性格や清潔感のない人は、モテる以前の問題。
まゆみ:オタク=気持ち悪いとかの定義は、今の時代ないと思います。だからこそ、自分の趣味が原因でモテないって考える人はネガティブだなーって感じちゃいます。
えみ:どんな場合でも性格がモテない原因になるよね。モテたいならば、性格を改善した方がいいのにって思う。

モテたい男性に伝えたい!本当にモテる男の条件まとめ


今回の座談会で語られた、女性たちのイメージするモテる男性像をまとめると…

  • 背伸びをしない
  • スマートな対応や行動が取れる
  • 無駄がない
  • 要領が良い
  • 清潔感がある
  • 積極的に誘う
  • 周囲の人に気遣いができる
  • 女性の顔色を伺うことができる
  • 出会って3時間〜4時間以内に

今すぐにモテたいと思ったら、まずは上記の行動を取ってみましょう。これらの詳細については、このあとでも紹介しています。
そして座談会では、このような意見もあがりました。

かよ
家庭的な人はモテるイメージ!家事を手伝ったり、ご飯を作ったり、子供に家庭的な一面を見せてくれるときゅんっとしちゃう♡
やはり家庭的な人はモテます。「家庭的=優しい」イメージもあるため、モテる人が多いようです。

モテない男性の特徴まとめ

そしてモテたい男性は、モテるテクニック以外にモテない原因を理解した方が良いです。
モテない原因に直結するモテたいオーラを消すこともポイントです。

自尊心を高めたいが故にモテたいと考えているならば、言動や行動に気をつけましょう。「モテたい」と考えている男性の7割は、自尊心を高めたい傾向にあるといわれています。そのため褒めて欲しい一心で、自慢話ばかりを話したり、偉ぶってしまう人が続出。これは嫌われます。絶対に自尊心を満たしたい気持ちが強くても、やめましょう。返って嫌われます。

また一方的に連絡を送り続けることも禁止です。返事が来ていないのに、焦る気持ちで次々と連絡を送り続けるのは危険。またLINEで既読がつかないからといって「寝ちゃったの?」「忙しい?」など、連絡を重ねて送り続けるのは嫌われる原因につながります。

しつこい人は嫌われます。女性の前ではモテたいならば、適度な距離を保ちながら関係を築きましょう。

そして座談会では、このような話も上がりました。

ゆうか
女性の容姿を貶す人は嫌われる気がします。「こいつブスだから〜」とか平気で言う人は苦手だなぁ。あと体型について貶す人も苦手です。おっぱいのサイズいじりも聞いていて気分はよくありませんね。
このように容姿いじりをする男性は、女性たちから嫌われます。顔、体型、デリケートな箇所…面白半分であっても、絶対に女性の容姿をいじってはいけません。

モテたい男性に教えたい「モテる男のビジュアル」


イケメン=モテるの定義は捨てましょう。

かよ
最近の男性は顔が悪くても雰囲気で誤魔化して、イケメン扱いされている人が多い。俳優やモデルでも、そういう人を見かける機会が増えた気がする。だからこそ一般的にも昔より今の方がブサイクに優しい世界になってると思う。
このような発言も座談会で飛び出しました。たしかに近年、テレビや雑誌、インスタグラムなどのSNSを見ていても雰囲気で誤魔化してイケメン扱いされている人が増えています。そんな彼らには、共通点があります。

肌を綺麗にしている

ニキビや吹き出物、毛穴汚れが目立たない綺麗な素肌は、清潔感を演出してくれます。肌が綺麗なだけで、イケメン扱いされるときもあります。
男性の場合、女性と違って肌の汚れや衰えをメイクで隠すことができません。そのため日々のスキンケアは必須項目。男性がスキンケアをすることは今の時代、普通です。身だしなみの一環と思い、はずかしがらずにスキンケアを行いましょう。

スキンケア用品は、ネットや量販店、ドラックストアなど、どこでも購入ができます。最近は男性向けの化粧水や美容液も販売されています。これらを毎日しっかりとケアの一環として使う癖をつけましょう。

またニキビや吹き出物、毛穴汚れがひどい場合は、皮膚科を受診するのも有効です。保険適用で治療が行われれば、費用を最小限に抑えることも可能です。治りにくい肌荒れや肌質を改善するためには、皮膚科に行きましょう。

肌が綺麗な人は、女性から100%好感を持たれます。肌が綺麗な男性は女性からのスキンシップも受けやすく「キスしたい」と思われる機会も多いそうです。肌は絶対に綺麗にしましょう。

髪を大事にする

髪は第一印象に大きな影響を与えるものです。常に万人ウケする清潔感のあるヘアスタイルをチョイスできれば、確実にモテます。
コテコテなヘアセット、オイルやジェルをつけすぎたヘアは、女性から「汚い」と思われます。またフケや汚れ、頭皮の匂いがひどい場合も同じです。とにかく髪は、美しく清潔感のある雰囲気が保てるように努力しましょう。

そして定期的にヘアメンテナンスに行くこともポイントです。美容室、床屋、どこでも良いのでヘアメンテナンスに行くように心がけましょう。お店でプロにヘアメンテナンスをしてもらうと、髪質や髪に対する意識も変わります。

また女性は薄毛を気にしない人が大半です。20代〜40代の女性7割は「男性の薄毛を気にしない」と言われています。どんなに薄毛がひどく、自信がもてなくても、それがモテない原因に直結していることは少ないです。あまり気にしすぎないようにしましょう。

口臭や体臭はエチケット

どんなにビジュアルが完璧なおしゃれ男性でも、口臭や体臭は女性に嫌われる原因です。絶対にケアを怠ってはいけません。しっかりと匂い予防として、歯磨きやデオドランドケア、入浴は欠かさずに行いましょう。

女性と接する前にミンティアなどの口臭タブレットを食べるのもおすすめ。カバンの中には体臭を消すシートを入れておくのも良いです。口臭や体臭のない体を目指しましょう。

また口臭や体臭を香水で消そうとすることは、NG。特に甘い香りの香水で消そうとすると、返って嫌われる可能性が高まります。香水をチョイスする際には、気をつけましょう。

さりげなく鏡チェックをする

女性からモテたいならば、絶対に鏡チェックを欠かしてはいけません。とはいえ、鏡を持ち歩いたり、常に鏡チェックをすると「ナルシストみたい」と引かれます。トイレに行ったらチェックをするくらいの感覚でOK。自分の顔、服装、全身を細かくチェックして乱れを直しましょう。

体毛のケアを怠らない

脇毛やすね毛がボーボーの女性を見ると気分が萎える男性も多いと思います。実は、女性でも男性の体毛を嫌う人がいます。「体毛濃い=汚い」と考える人もいます。

ヒゲや眉毛など見える部分は、定期的に整えるように気をつけましょう。また女性は、胸毛の好き嫌いがきっぱりと分かれます。いい感じになった女性が胸毛を嫌う人であえば、しっかりとケアをするように気をつけてください。

そして鼻毛にも注意をしてください。鼻毛が伸びていると間抜けで残念な印象が残ります。エチケットの一環として、鼻毛カッターで定期的に鼻毛の処理は行いましょう。

もし毛の処理をしている際に怪我や肌荒れをした場合は、すぐに化粧品などで肌を整えてください。肌荒れは悪化すると、手の施しようがありません。十分に注意をして使いましょう。

モテたいならば「がっかりファッション」にお別れを!

平日はスーツや作業着で過ごすことが多い人ほど、ファッションへの興味が軽減しがちです。何年も着古している馴染みの服、数年前に購入したお気に入りの服、人から譲り受けた古着ばかりを愛用し続けることは、悪くはありません。しかしこれらは、モテるファッションではありません

モテたいと感じたら年相応のファッションを楽しめるように工夫しましょう。10代や20代半ばまでなら、遊び心のある派手なファッションを楽しんでも問題ありません。しかしある程度の年齢になったら、年相応の落ち着いたモテファッションをメインに着こなせるようにしていきましょう。

落ち着いたモテファッションのカラーは白、黒、グレー、ネイビーを基本に考えると便利です。モノトーンカラーで統一すると、大人の男に早変わり。自然なまとまりのあるファッションを手に入れられます。遊び心やワンポイントで赤、青、緑、黄色、キャメルなどの色を混ぜれば、おしゃれ上級者に生まれ変われます。

またファッションは服だけではありません。靴やバックなどの小物類もしっかりと選びましょう。足元は白、黒のアイテムが便利。スニーカー、ローファー、スリッポン、どんな靴でも白、黒のものをチョイスすれば無難です。小物類も同様です。おしゃれに不慣れなときは、モノトーンカラーをチョイスしましょう。

女性からモテたいときは、カジュアルタイプとセミフォーマルタイプの両方を取り揃えておくと便利です。「派手=おしゃれ」や「高級ブランド=おしゃれ」という、間違えた方程式は捨てて自分に似合うファッションを選べるようにしていきましょう。
洋服は何年も気続ければ、くたびれます。定期的に買い換えることを視野に入れて、直感で良いと思うものをチョイスする点もポイントです。「どうしよう」と一度でも迷ったアイテムは、着用しなくなる可能性もあります。本当に必要か、不要かを見極めてショッピングをしましょう。

モテたい男性におすすめブランド
  • ユニクロ
  • ポロラルフローレン
  • カルバンクライン
  • ヨウジヤマモト
  • ポールスミス
  • ディーゼル
ファッションブランドのチョイスに悩んだらユニクロやGUに行きましょう。シンプルでおしゃれな流行の服を安価でゲットできます。またアーバンリサーチ、BEAMS(ビームス)、シップスのようなセレクトショップもおすすめです。トレンドアイテムから持っておくべき定番アイテムまで、幅広いものが揃っています。まずは買い物に出かけましょう。

モテたいならば「性格」を見直すべし


座談会でも何度も話題に出た通り、モテるために重要なポイントは性格。どんなにモテたいと思っても、性格次第では嫌われるばかりです。
一般的に「嫌われる」イメージが強い性格を避ければ、問題ありません。

  • 言いたいことを我慢せずになんでも言う
  • 周囲の人を見下している
  • 損得を中心に動いている
  • イライラや不機嫌が顔や行動に現れる性格
  • ネガティブ
  • 自慢話が好き、自慢をすることに快楽を感じる
  • 人を貶したり、小馬鹿にする、人を傷つける
  • 「でも」「だけど」「だって」が口癖
  • 否定的
  • 自分より周囲の人の話が多い
  • 絶対に謝らない
  • 自分が正しいことを証明しようと必死になる
  • 高飛車な態度をとる
  • 悪口や文句が多い
  • 誰にでも横柄な態度をとる
  • 店員や目下の人をバカにする
  • 素直に話が聞けない、聞き下手

このような人は、人間として嫌われます。モテたいと思う以前に、避けられる可能性も考えられます。

えみ
どんなに顔が良くても性格が壊滅的に終わっている人はモテない。女性はみんな性格を重要視していると思う。

座談会でも「性格」については、たくさん語られていました。しっかりと自分を見つめて、性格を改善できるように努力しましょう。
しかし年齢を重ねるほど、性格を変えることは大変です。もし「モテたいから性格を変えたい」と思ったら、まずは自分の悪いところだけをピックアップしてみましょう。自分の発言や行動を見直すことで、悪い点や変えなければいけない箇所が見当たります。しっかりと自分の「どこが悪いのか」を吟味し、同じ過ちを繰り返さないように気をつけましょう

性格改善は悪い点を気にかけることが重要です。相手の顔色を伺い、自分がやってはいけない行動や発言をしてしまったら、素直に謝ることも大切です。もし性格改善を心がけているときに、失敗をしたら自分を攻めず、相手に謝るスマートさを手に入れられるように努力しましょう。頑張れば悪い点は改良できます。

「モテたい」と思えば男性はいくらでも生まれ変われる


「モテたい」「モテて人生を変えたい」そう思ったら、まずは行動が鉄則。モテたい気持ちを強く持てば男性は、生まれ変われます。そこで重要なのが下記のポイントです。これらをクリアできれば、どんな人でも「モテたい」という願いを叶えられます。

挨拶

「おはようございます」「こんにちは」「お疲れ様です」どんな挨拶も笑顔でできることがモテるポイントに直結します。
挨拶が苦手でできない人、挨拶を面倒と感じる人は増えています。また挨拶されても「あ〜い」などと、適当に返事をする人もいます。このような人たちは、残念ながら気持ちの良い印象は残りません。場合によっては常識人でないとイメージを持たれてしまう可能性も考えられます。

マイナスな印象を与えないためにも、挨拶は絶対にしましょう。また挨拶ができれば「忠実さ」「優しい」「誠実さ」など、あらゆるポジティブな印象も与えられます。

気持ちの良い挨拶を恥ずかしがらずに、できるように心がけましょう。

言葉遣い

言葉遣いの悪い人は女性からモテません。ヤンキーやアウトローな男性が好きな女性からの好感度は高いかもしれませんが、一般的には嫌われます。言葉遣いが悪いと印象も最悪です。失礼そうな人、横柄、非常識、嫌な人などマイナスな印象ばかりを与えます。
また言葉遣いが悪いと「育ちが悪い」と思われる可能性もあります。これはマイナスポイント。絶対に避けたい点です。言葉遣いには十分気をつけましょう。

言葉遣いが悪いのと同様で「え?」「は?」などの単語を大きく言うのも、イメージがよくありません。聞き返したいときは「なに?」や「ん?どうしたの?」と綺麗な言葉に言い換えるように注意してください。

そして「マジ」「やばい」「すげ〜」といった単語だけで、会話を済ませるのもNG。できるだけ具体的な表現ができた方が女性からモテます。思ったこと、感じたことは、言葉で表現ができるように努力しましょう。

マメな気遣い・会話の掘り返し

気遣いができる男性はモテます。体調の心配は鉄則です。とはいえ女性と会話をするたびに「元気?」と聞くのも、おかしな話です。重要なのは過去の話を掘り返すことです。

「先日話していた腹痛はもう平気?」「昨日は疲れたって言ってたけど今日は元気になった?」など、些細な話題でも覚えて、相手に確認をしてあげるのがポイント。これは体調以外の話題でも同じです。

過去に話をしたことを掘り返すと「覚えててくれたんだ!」と、相手を喜ばせられます。しっかりと過去にした話題を覚えておき、会話の中で掘り返せるようにしておきましょう。この気遣いは、女性から得られる好感度ポイントが高いです。

また一緒に出かけているとき、ヒールや大荷物で歩いている女性の心配をしてあげましょう。「ヒールで疲れていない?」「荷物持とうか?」など、ちょっとした気遣いができるだけで好感度が上がります。
男性よりも女性は体力がありません。些細な点でもマメに気遣いをしてあげられると、女性から喜ばれます。

体型

だらしない体型は万人ウケしません。モテたいと思ったら1日10分でも良いので筋トレをしましょう。トレーニングは、積み重ねなければ結果につながりません。毎日コツコツと体型を整える程度でもOKなのでトレーニングをしましょう。

また太っている人は、思い切ってダイエットに挑戦をするのもアリです。イメージチェンジ後にモテるようになった男性も、たくさんいます。今の体型に不満を感じたら、まずは挑戦をしましょう。

笑顔

笑顔を絶やさない人は、モテます。怒ったり、泣いたり、悲しい顔をしているよりも笑顔の人の方が好感度が高いことは、説明をしないでもわかると思います。毎日ニコニコと笑顔で過ごせるように工夫しましょう。

笑顔でいると明るい、優しい、いい人そうといった印象が根付きます。笑顔の人は「話やすい」印象も与えやすく、頼られる傾向も。笑う門には福来るという言葉の通り、笑顔でいる人の周りには幸せが絶えません。笑顔を絶やさないようにしていきましょう。

エチケット・マナー

エチケット・マナーが守れない人は、嫌われます。とくに交通機関や公共機関、お店でエチケット・マナー違反をしている人は嫌われます

電車の座席で足を開いて座ったり、人混みを押しながら歩いたり、順番を守らなかったり、食事の食べ方が汚かったり…女性たちから嫌われるエチケットやマナーはたくさんあります。自分がされて嫌なことをしない、人に迷惑をかけないという2点を重点的に考え、エチケット・マナーはしっかりと守れるように気をつけましょう。

また日頃からエチケット・マナーを守れるように癖づけておかなければ、「いざ」というタイミングで失敗する可能性があります。そして、いつ、どこで、誰が見ているかわからないからこそ、癖づけのためにも日頃からエチケット・マナーは守れるように心がけておきましょう。

余裕を持つ

余裕のある男性はモテます。余裕とは心の余裕。焦らない、正確な予測、計画性、一貫した考え、優先順位、気配り、気遣い…これらが余裕。心に余裕があると、人に対しても優しく接しられます。モテるために優しさは必要不可欠です。

また余裕があると「考える時間」も自然と作れます。どんなに切羽詰まっている状況でも余裕があれば、短い時間で考えをまとめ、的確な回答を導くことができます。このスマートさは、モテる理由に直結します。

スマートでない人は、女性を口説くときも焦りがちです。しかし余裕のある人は、口説くときにじっくりと時間をかけられます。余裕は自分の自信にも直結します。自信は精神面の安定につながり、気持ちを高めるガソリンになります。このガソリンは、女性からモテる魅力になります。スマートさや余裕を持ち、自然とモテる人になりましょう。

そして余裕を語るのに欠かせないのが金銭面。お金持ちでモテない男性はほとんどいません。彼らがモテる理由は、お金が全てではありません。お金に余裕がある=心にも余裕があり考える時間を持っているのです。彼らのような余裕を作るためにも、精一杯仕事を頑張りましょう。

当たり前ですが、仕事ができる男性はモテます。女性は頑張っている人に惹かれます。モテたいと思ったら、まずは努力をしましょう。少しの努力が結果につながれば、全て良し。

モテたい男は誘い上手になるべし!


モテたい男性の最重要点は、誘い上手になることです。

あきこ
どんなに素敵な人でも誘い方が酷いと、断る原因になる。気持ちも萎えて付き合い自体を途絶すことも。
このような意見が座談会で上がりました。女性は男性が誘っている以上にロマンチストです。デートの誘い、告白、プロポーズ、セックス前の誘い文句…あらゆる箇所を男性以上に神経質に見ています。

もしモテたいと思うならば、誘い方を研究しましょう。女性が喜ぶ誘い方や好きな言葉、ドキドキするシチュエーションを考えられれば完璧です。

「遊び相手が欲しい」「とにかくいろんな女性からモテたい」「ちやほやされたい」という男性は、誘い方、同じ言葉やシチュエーションをアレンジして再利用するのもOKです。まずはモテるための誘い方を習得しましょう。
またモテるための誘い方パターンをいくつか持っている男性に意見を聞きました。

弁護士37歳
本命にしたい子を誘うときは、必ず高級なレストランを予約する。もちろん予約したことはサプライズなので内緒。約束を取り付けるときは「一緒に友達のプレゼントを選びに来て欲しい」といって誘う。これから先は本当にシンプルな口説き方をしていますね。
ホスト26歳
どんな子でも「ご飯行こう」という決め台詞で誘うようにしています。食の好みを聞いて、ご飯の場所はいくつか候補を僕が決めて、それを相手に伝える。一緒にどのお店がいいか選んだら、僕が予約して〜っていう流れが定番ですね。

このようにモテる男性たちは、定番の誘い方を持っていることが多いです。お気に入りのお店、絶対に逃さない誘い方、決め台詞などをいくつか用意しておくと便利です。モテる男になったあとで、女性をスマートに誘うためにも、常に誘い方は勉強をし続けていきましょう。これがクリアできれば、モテる男性になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

How to Sxfriendの編集長。年齢やビジュアル問わない、正真正銘の女好き。出会い系サイト、風俗、立ちんぼ、ナンパ…あらゆる方法で日本全国の女性を入れ食い。経験や経歴を活かし、役に立てればと2018年How to Sxfriendを開設。