♡欲求不満女子とセックスじょうほう♡

Twitterで話題のラリルレロフェラの実態!裏垢「さぁさ姉」から学ぶ骨抜きフェラ5ポイント

Twitterの裏垢界隈といえばエロいセックス好き女子の巣窟。

そんな裏垢女子の中でもと崇められ、人気を集めているのがさぁさ姉さんです。

裏垢の神と言われる「さぁさ姉」とは?

フォロワー数11万人以上の自称「ポジティブドSサイコパス」の女性。インスタグラムのフォロワー数は2.5万人。

※現在のフォロワー数は28.3万人(2022年10月現在)

裏垢界隈のインフルエンサーといっても過言ではない人物です。

年齢や職業などの個人情報は、一切公開されていません。プライベートに関する情報もセックスレポートなどが時々書かれているだけで、基本は”わからないこと”の方が多い方です。

ノウハウを中心としたセックスや恋愛、テクニックに関する有料noteの販売をしています。

以前は、Twitterのプロフィールに「エロい=仕事出来るエロを呟いていてたらいつの間にか独立していました。」と書いていました。

もしかすると、今現在はインフルエンサーとして収益を得ている可能性が考えられます。プロの裏垢女子ということです。

とはいえ、実際は謎多き女性。そんなさぁさ姉さんについて紹介をします。

どうしてさぁさ姉は有名になった?

彼女はどうして裏垢界隈のインフルエンサーとして確立した地位を手に入れることができたのでしょう?

それは彼女のツイート内容の9割は、性的に役立つネタだからです。

文字ベースの役立つ知識ツイートが多く、タイムラインに流れてくると思わず目を止めたくなります。

セックスや性的な悩みを感じた経験のある人ならば、誰もが一度は経験する「これってどうなんだろ?」という疑問に対するアンサーを出してくれます。的確なアンサーなので、思わず納得できちゃうのも彼女の魅力。

フォロワーにアンケートを取る

20万人以上いるフォロワー数を上手に使った、リサーチ(アンケート)を頻繁に行っている印象もあります。

調査ソースがさぁさ姉さんのフォロワーなので、見ているこちら側も納得できます。

業者や企業が意図的に入手できないビックデータを保持している。そして「彼女のフォローだから」という安心感もあります。

やらせのない彼女のアンケートは、指示され共感を生む理由に直結しています。

セックスに悩む男女の参考書的存在

セックスや性に悩む人やアダルトに関心のある人たちから熱い支持を受けているアカウントである、さぁさ姉。

「裏垢女子」といえば露出の多い写真やセックスレポートが中心のイメージ。しかしさぁさ姉さんは、ノウハウや共感を得られる参考書的な存在になっています。

そのため今までの裏垢女子とは、イメージが大きく違った存在。

そしてさぁさ姉さんといえばラリルレロフェラの考案者としても有名。

ラリルレロフェラとは?

フェラの最中に「ラリルレロ」のカタカナ「ラ行」を喋るような舌使いをするテクニック。

今現在、ラリルレロフェラの方法が書かれているnote記事は有料となっています。

「課金をするのには抵抗がある」そんな方もいると思います。そこで今回は断片的にラリルレロフェラがどのようなものなのか、骨抜きフェラテクニックを紹介したいと思います。

さぁさ姉から学ぶ骨抜きラリルレロフェラ5つのポイント

彼女のnoteの有料記事を引用することはできません。そのため詳しい方法についての説明はできません。

気になる方は、彼女のnoteを購入してください。

今回はさぁさ姉さんのツイートをヒントにラリルレロフェラや骨抜きフェラのテクニックや方法について紹介します。

さぁさ姉はプロ?

まず彼女はラリルレロフェラに対して、このような発信をしています。

この発言の中で気になる点が。

  • 騎乗位をしながら乳首を舐める
  • ゴムを口でつける
  • 剃り腰や反時計回りの騎乗位

これらの発言をみると「プロ(風俗)の方なの?」と思うでしょう。

恋人や本気で好きな相手に、このようなテクニックを披露するとヤリマン扱いされてしまう可能性も。そういった面では、あまり上記に書かれているようなテクニックは披露しない方が吉です。

しかしセフレやワンナイト相手とは、盛り上がるセックスの方が好印象。

「エッチな子になってほしい」という願望を強く抱いている男性を相手にしている時は、このようなテクニックは大ウケします。

使う相手を選びながら、積極的にやっていきましょう。これは忘れないようにしてください。

以上のようなテクニックを交えて、フェラをすれば男性からの好感度は抜群にあがります。

それでは、今回の本題となるさぁさ姉さんから学べるフェラのポイントを紹介してきたいと思います。

①ラリルレロの舌使いを忘れない

ラリルレロの舌使いってどんなものだろう?と思った方は、今すぐ「ラリルレロ」と唱えてみましょう。

このときに鏡を見ながら口や舌の動きをチェックしてみるとよし。

どんな動きをして、どのような唇の形をしているのか

以上の二点に注目をしながらラリルレロと唱えてみましょう。

そして男性器を咥えている状態をイメージしてみましょう。激しく吸い付くバキュームを意識してみたり、舌先で舐めるときも意識してみると、良いかもしれません。

鏡をみながら口の動きを確認し、実践の時にそれを思い出しながらやってみましょう。実際にやってみるときは、口の力の強弱に気をつけることがポイントです。

あまり吸い付きすぎてしまったり、強く力を入れすぎると痛みが生じる場合もあります。適度な力加減を意識してやっていきましょう。

②腰に腕を回してホールド

フェラをしているときは、太腿の間に挟まりながら行為をする方が多いと思います。

寝の体勢、立ちの体勢、どちらにしても体を自由に動かせる状態であれば、思い切って男性の腰に腕を回してギュッとホールドしてみましょう。

腕が伸びにくい状態であれば、仕方がありません。しかしなるべく手を伸ばして、腰を掴み、男性が動きにくい状態を作りましょう。

体を固定すると男性側は自由が効かず、フェラを集中的に受けることになります。

少しでも腰を動かしたり、体を反応させたら、そこを重点的に攻めてみましょう。積極的に攻めてみると相手は、感じ続けるため、強い快楽を得ます。

腕の力はなるべく強く、動きを固定することを意識していきましょう。

③乳首を片手で摘む

腰をホールドできなかったり、腕が疲れてしまったときは、乳首を片手で攻めてみるのも良いです。

口全体を使ってフェラをしながら、片手で手コキ。そして空いている手で乳首を触ってみると良いでしょう。

少し器用な行動をしなければいけないので、慣れるまで疲れてしまう可能性もあります。しかし手を伸ばしながら乳首を触ってあげることでプレイの意外性を出せます。

AVや風俗で乳首を触るプレイは一般的ですが、普段から乳首を積極的に触る女性は少ないものです。

女性が愛撫されるときと同じように男性も乳首は性感帯なので、気持ち良さを感じられます。乳首を転がすようにクリクリと触ってみたり、乳輪を中心に焦らすように触ってみる。意外とこの行為は、男性側も興奮すること間違いなし。

いろいろなやり方で乳首を触ってみましょう。

そして乳首を触りながら少し早めの手コキができれば一流です。カリ部分を舐めて、ペニス全体は手コキをする。片手で乳首を触ってみる。これが器用にできれば、彼もイチコロになること間違いなし。

④睾丸(タマ)マッサージは欠かせない

睾丸マッサージはフェラの中盤で披露すると好感度があがります。

睾丸マッサージとは、その名の通り睾丸(タマ)を優しくマッサージするものです。

男性はペニスと同じくらい睾丸も性感帯という人が多いです。皮膚が薄いので甘噛みでも激痛を感じやすい部分ではありますが、優しく舐めたり、触ってあげると気持ち良さを感じるものです。

手の平を使って転がすように睾丸を触ってマッサージをしましょう。

体全体の血行がよくなり、感度がさらによくなるとも言われています。セックス前のウォーミングアップを兼ねた前戯をする際に睾丸マッサージは有効です。

軽くつばをつけて舌先で舐めながら、手の平を使ってマッサージして行くと気持ち良さが倍増します。

睾丸マッサージをしている際は、舐めたり、触ったりをしながら、片手で手コキをするのも良いでしょう。

相手の反応をみながらプレイの流れを決めることができると良いです。同じ相手にプレイを披露する際は、何度か反応を見ながらパターンを試してみてるのも良いです。

⑤舐めながら「気持ちいい?」のチェックをする

どんな時でも言葉を発しながら相手の感度を確認をしましょう。

その場の雰囲気をよくするためにも有効です。普段M気質な女性から「気持ちいい?」と訊ねられたら、男性は興奮するものです。

多くの女性はセックスの最中に「可愛い」などと褒められると喜びを感じるといわれています。

これと同じで男性も「気持ちいい」「すごい」などと言われると興奮するものです。

フェラをしている最中に「気持ちいい?」「ここ好きなの?」などと聞かれるとドキッとするものです。普段言葉攻めをしたり、S気質のある態度を取らない女性が質問をすれば、高感度はかなり上がります。

その場の雰囲気も盛り上がります。男性によっては、この質問や言葉攻めで新たな性癖が開拓される方もいます。

新しい性癖開拓は「この人としかセックスしたくない!」と思わせるためのキーポイント。好きな相手や恋人を虜にする上で大切なポイントになります。

自分のセックスの虜になってもらうためにも、適度な質問は行うようにしましょう。

この質問は顔色や雰囲気のチェックもできるのでマスターできると便利です。

楽しいプレイをするためにも、積極的に聞いていきましょう。

男はエロいフェラが大好物!

多くの男性はムードがあり、エロくて積極的なフェラに興奮します。

  • エロい立ち振る舞い
  • 涎をたっぷり垂らす
  • 適度に吸いつく(バキューム)
  • 舌先を使う
  • 手コキを忘れない
  • 上目遣い
  • おっぱいを体に密着させる

涎を過剰なくらい垂らすフェラは特に人気です。

女性は「汚れるかも」「匂いが心配」と思いがちですが、男性は気にしないことがほとんどです。

フェラは大胆すぎるパフォーマンスと雰囲気作りが重要。エロくて積極的なプレイが男性を興奮させる秘訣に直結します。

ラリルレロフェラと合わせて、これらの細かいテクニックを合わせてみると満足度が爆上がりします。

キャバ嬢もラリルレロフェラを崇拝!

炎上系キャバ嬢で実業家としても有名な桜井野の花さんもYouTubeでラリルレロフェラについて解説をしています。

かなり分かりやすく動画内でフェラの方法について説明をしているので、気になる方はチェックをしてみましょう。年齢認証が必要になるので、動画閲覧を行う場合はYouTubeへのログインが必要になります。

セックスのテクニックや性の話題を出すことが多い桜井野の花さん。そんな性に敏感な彼女もラリルレロフェラのトリコになっているようです。

ラリルレロフェラは、多くの場所で話題となり人気を集めるテクニック。実践できるようになれば、レベルが格段に上がります!

さぁさ姉が「カリルレロ」フェラを開発!?

実は2022年1月頃、さぁさ姉が新作カリルレロフェラというものを開発。

極上の”イケる”刺激を与えるのが
カリルレロ。

勿体ぶらずに今ここで全て
ご紹介します。

①舌先のカリルレロ

②唇のカリルレロ

③手のカリルレロ(ネイル問題なし)

それでは行きます。
覚悟せよ。(引用元:さぁさ姉【カリルレロ】note

どうやら、新作カリルレロは、カリを中心的に刺激するプレイのようです。気になる方は、さぁさ姉さんのnoteをチェックしてみましょう。

セックスを盛り上げるためのフェラをする♡

今回は裏垢女子の中でもダントツの人気と信用を誇る、ラリルレロフェラの考案者さぁさ姉さんに学ぶフェラの知識について、お届けしました。

もしフェラが苦手という方は、この方法を実践して好きになってもらえると嬉しいです。またさぁさ姉さんも言っていますがプレイを楽しむために、ペニスに名前をつけてみるのも面白いかもしれません。

愛する相手、快楽を楽しめる相手、どんな人でも、どんなプレイでも雰囲気は大切です。

雰囲気を盛り上げ、お互いに気持ち良くなるためにもフェラでしっかりと興奮度を高めるのは心も体もゲットするのには、欠かせません。

恥じらいを持ちながらプレイをするのも大切ですが、積極的にスイッチを切り替えたようにフェラをしてみるのも面白いかもしれません。普段のセックスをマンネリ化させないためにも、このようなプレイはおすすめです。積極的にやってみましょう。

すぐに遊べる
おすすめ出会い系サイト
日本全国47都道府県で遊べる
1位:ワクワクメール ★★★★★
即・確実・最強
ワクワクメール体験談でも紹介している通り実績や経験がない人でも確実に遊び相手をゲットできる超優良老舗サイト。ここで遊ばずしてどこで遊ぶと言いたい
2位:Jメール ★★★★☆
即・変態・激ヤバ
Jメールセックス体験談をみて頂けばわかると思いますが高確率で変態に会えます。非日常的な体験を求めている方は登録して損はありません!
3位:メーテル ★★★☆☆
割り切り・U20・ママ活
メーテルはママ活やオフパコに優れた優秀サイト。メーテル体験でも紹介している通り、男性に得が多すぎるサイト。
4位:ハッピーメール ★★★☆☆
ドキドキを求める人に!
人気老舗出会い系サイトといえばハッピーメール。セックスだけで終わる関係ではなくそれ以上を求める人におすすめ。ハッピーメール体験談でも紹介してますが真面目な子がかなり多いのでピュアを求める方におすすめ
5位:ラブアン ★★★☆☆
超優秀パパ活サイト
レベルの高い子と確実に会えちゃうサイト。ラブアン体験談でも紹介している通り、レースクイーンやモデルなどのハイスペ女子を狙いたい人にはおすすめ。パパ活サイトではありますがタダマンできます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
ピンクタイガー虎丸
ピンクタイガー虎丸。大人の遊びを大人らしく楽しむをモットーに生きる普通のリーマン。風俗狂いの素人。たまにストナンも。メンエスが生き甲斐で息の場所と語る彼。