♡欲求不満女子とセックスじょうほう♡

【朗報】嫁とのセックスが辛い人に役立つ3つの方法

嫁とのセックスが辛い男性は多い

結婚当初は、毎日でもセックスをしていた夫婦でも回数は減るものです。

ですが、コミュニケーションの一環として義務的にセックスをしている夫婦はかなり多いです。

結婚当初は週に2~3回のペースでしたが、30歳を過ぎる頃には週1回程度でした。 現在は月に1回あればいいほうですが、正直、義務感でやっている感じです。

子供も3人いて狭い家庭事情もありますが、子供が寝ている横での行為になるので気になってしかたありません。 したくない理由は何かと考えても、なんとなくしたくないとういか、妻に性的欲求をあまり感じません。

ですが妻が嫌いな訳ではありませし、結婚後に太ってスタイルが悪いわけでもありません。 妻は毎日でもしたいといって求めてくるのですが、断ることすら面倒に感じています。

仕事が忙しく疲れている部分もあるのかも知れませんが 忙しくない時期で体調的に良い状態でもあまりしたいと思いません。 もちろん浮気はしていませんし、風俗等に通うこともしていません。

妻からは淡白と思われているようですが、妻としていなくても最低週1回は自分で処理してしまいます。 この先、40歳代になればもっと回数は減っていくでしょうし でもそれが原因で不仲にもなりたくありません。(引用元:Yahoo知恵袋

結婚5年が経ち、妻と夜の生活を営む気になれません。

妻を大切に思っているのですが、単刀直入に言うと「興奮しない」のです。

1歳の子供の夜泣きによって私が睡眠不足にならないように別床で寝ておりますが、子供を寝かしつけた後私の寝床に潜り込んでくる、とても可愛らしい行動を取ります。

腕枕をしてスキンシップをする事で私は満たされるのですが、妻は遠回しにねだってきます。 1年の友達関係を経て付き合い、2ヶ月で婚約&同居というスピード婚ということもあり、結婚当初は毎日お互い求めあっていました。

そんな時と比べて、あまりのギャップに戸惑うばかりです。 三十路を過ぎたらそうなってしまうのか、結婚5年も経つとそれが当たり前なのか、体の相性が良くないのか、理由がよくわかりません。

体の相性は良い方とはあまり言えません。一言で言うとユルいです。

ただ、結婚当初は毎日の様にセックスしていたので、体の相性が原因ではなさそうです。 また、妻は帝王切開だったので、ユルいのは今に限った話では無いと思います。 おそらく、当初はユルさを感じないほど興奮していたんだろうと思いますが。(引用元:Yahoo知恵袋

「夫婦の関係を悪化させないためにも嫁とセックスしないといけない。」「疲れている。精神的にも肉体的にも辛い。」「昔のようにセックスで頑張ることができない。体力的にもキツイ。」

このように考える男性は、珍しくありません。

奥さんから求めてくれることに対して嫌悪感を抱く人もいると思います。女性は男性と違い、年齢を重ねても性欲は減退しません。中には出産や更年期などの時期に性欲が増す人もいます。

夫婦で良い関係を築く上でもセックスは大切な行為。

そこで、今回は奥さんとのセックスが辛い時に役立つ対処法を紹介します。

嫁とのセックスが辛い時の対処法

今回紹介する方法は、至ってシンプルです。すぐにでも実行できる方法だけをセレクトしました。

①精力剤を使う

もっとも手っ取り早い方法は、精力剤を使う方法です。精力剤はサプリメントではなく、医薬品なので効果は抜群。簡単ですぐに効果が実感できるアイテムになっています。

タダシップは精力剤の中でも初心者の方におすすめ。ED治療薬の類ではありますが副作用がほとんどなく、安全で安心して使えるものです。

精力剤やED治療薬といえばバイアグラなどの強いものを思い浮かべる方も多いでしょう。バイアグラは副作用が強く、心臓への負担も大きいのでおすすめできません。特にEDに悩んでいない方は、体への負担を考えても使わない方が良いです。

適度に精力を上げて、ムラっとさせるためにもタダシップがおすすめです。

タダシップよりも少し強い精力剤を求めている方は、カマグラがおすすめです。これはインド版バイアグラ、バイアグラジェネリックと呼ばれているアイテムです。効果・威力共に最高峰レベル

しかしバイアグラよりも使い勝手が良く、副作用が出にくいアイテムです。安全性も高いです。

少しEDやストレス・疲労が原因で性欲が落ちている時に、おすすめです。

これらのアイテムを使うことは、悪いものではありません。今ある状況を改善するためにも使い方次第では、役立つものです。「薬に頼るのは…」という方でも一度使ってみると気持ちが楽になる可能性もあります。

自分の状況や健康状態を考えた上で、精力剤に頼ることも検討してみましょう。

②セックスについて話し合う

「嫁とのセックスが辛い」「旦那とのセックスが嫌だ」セックスレスの夫婦は多いです。

そんな人たちをターゲットにしている著書やカウンセリングでは、セックスは挿入だけではないと語られることがあります。実際に射精のないセックスを好んでいる人もいます。

いろいろな性癖があり、世界は広いのです。

まずはセックスについて夫婦間で、お互いにしっかりと意見を交換し合いましょう。喧嘩にならないように今後のセックスについて話し合いましょう。

  1. セックスに対しての本音
  2. 奥さんに対する感情や気持ち
  3. 今後自分はどうしたいか(※わからなければ素直に相談する)

上記を伝えましょう。

お互いに意見を聞き、話し合って、結論を出すことが一番です。

「体力的に辛い」「セックスはしたいと思うが気持ちが盛り上がらない」「奥さんのことは好き」しっかりと思っている気持ちを伝えてください。

もちろん相手を傷つける話はNGです。

単刀直入に「性欲がない」「セックスしたくない」などといった言葉もNG。しっかりと理由を説明しましょう。

今後の関係をより良好なものにするための話し合いという意識を持ち、会話をしていきましょう。相手の意見を聞けば気持ちが変わる可能性もあります。

③安心感を与える

「嫁とのセックスが辛い」と思う時でも、対応してあげることが女性の安心感に繋がります

どうして奥さんが「セックスしたい」と思うか、考えたことはありますか?

女性は男性と違い次のような思考を持っています。

  • 女として見られたい
  • セックス=愛情表現
  • セックスがある=まだ大丈夫の安心に繋がる
  • ホルモンバランスを整えたい
  • 安心したい

など、気持ちを落ち着かせる目的で「セックスしたい」と思うものです。

セックスがある=安心と捉える女性も多いです。

女性たちにとってセックスはコミュニケーションの一環。浮気や不倫を防止する意味にも繋がるため、セックスがあると安心できます

またセックスは、一人の女として大切にされている感覚も得られます。年齢や出産で多くの女性は、自信を失います。しかしセックスがあることで「まだ大丈夫」「女として見られている」と安堵の気持ちが得られます。

この安心感を求め、彼女たちはセックスをねだるのです。

セックス以外で女性は満たされていれば、行為をねだりません

普段の生活の中でも女性として扱ったり、彼女たちを満足させましょう。満足感を与えることでセックスへの執着は軽減されます。プレゼントや些細なものでも問題ありません。

女性として扱うことがセックスへの執着を軽減させることに繋がります。

セックスが辛い時でも対応が愛情表現に繋がる

セックスはコミュニケーションを取るために最適な方法です。結婚を誓い、生活を共にしている相手との関係を潤滑にする方法でもあります。

「嫁とのセックスが辛い。苦痛。」と思っている方でも考え方を変えてみると、楽しくなる可能性もあります。

途中でも紹介した通り、挿入だけがセックスではありません。自分たちが納得するスタイルを見つけてお互いに求めあえば関係が良好になる可能性も十分に考えられます。

まずはお互いに意見を交換し、納得できる方向に話を進めていきましょう。

すぐに遊べる
おすすめ出会い系サイト
日本全国47都道府県で遊べる
1位:ワクワクメール ★★★★★
即・確実・最強
ワクワクメール体験談でも紹介している通り実績や経験がない人でも確実に遊び相手をゲットできる超優良老舗サイト。ここで遊ばずしてどこで遊ぶと言いたい
2位:Jメール ★★★★☆
即・変態・激ヤバ
Jメールセックス体験談をみて頂けばわかると思いますが高確率で変態に会えます。非日常的な体験を求めている方は登録して損はありません!
3位:メーテル ★★★☆☆
割り切り・U20・ママ活
メーテルはママ活やオフパコに優れた優秀サイト。メーテル体験でも紹介している通り、男性に得が多すぎるサイト。
4位:ハッピーメール ★★★☆☆
ドキドキを求める人に!
人気老舗出会い系サイトといえばハッピーメール。セックスだけで終わる関係ではなくそれ以上を求める人におすすめ。ハッピーメール体験談でも紹介してますが真面目な子がかなり多いのでピュアを求める方におすすめ
5位:ラブアン ★★★☆☆
超優秀パパ活サイト
レベルの高い子と確実に会えちゃうサイト。ラブアン体験談でも紹介している通り、レースクイーンやモデルなどのハイスペ女子を狙いたい人にはおすすめ。パパ活サイトではありますがタダマンできます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
ピンクタイガー虎丸
ピンクタイガー虎丸。大人の遊びを大人らしく楽しむをモットーに生きる普通のリーマン。風俗狂いの素人。たまにストナンも。メンエスが生き甲斐で息の場所と語る彼。