10代の援交娘「相場5000円セックスの末路」がやばすぎる

現代の援交相場は脅威の1万円以下

現代の援交は、昔と違って相場が暴落しています。

彼女が「お仕事」と表現する援交は、17歳になる高校2年まで「カウントできないくらいやった」。月の収入は平均すると10数万円。1回6万円が最高額。2000円の人もいた。(引用元:東洋経済ONLINE

東洋経済ONLINEで取り上げられた援交少女のインタビュー記事でも書かれている通り、1万円以下で援交をする少女は増えています。
彼女たちが相場を暴落させている理由は、シンプル。

  • 男性の言い値が元から安く設定されている
  • 他が安価で援交をしている
  • 援交の相場がわからない
  • 値上げ交渉すると客がつかない
  • 1万円以下でも満足できる

貧富の差が大きな不景気時代に見合った援交スタイルになっています。

援交が流行した1996年前後の女子中高生の援交相場は、1回のセックスで4万円〜10万円。しかし現代の援交娘たちの相場は、1万円以下。

DIAMONDonlneでも現代の援交娘の体験談が取り上げられていました。ここでも現代の援交相場が1万円以下であることがわかりました。

あらかじめ金銭交渉はしなかった。
「終わったあとに『金ないんだよね』と言うと、『いくら?』って聞かれるから。5000円とか、煙草ワンカートンとかもらった」
援助交際が社会問題化した当時の“相場”とは比べ物にならないほど安価だが、彼女は大金を求めない。
「こういうことやる人って、一人暮らしの人が多いと思うんで、毎回1万円とかもらってたら可哀想だし。それに、安い方がリピーターになってくれるし……」
そうして細々と稼いだ金は、年間30万円ほどになり、服などに変わった。とはいっても、決して高価なブランド品ではない。購入するのは主に、地元のショッピングモールで販売されている量産品の安価な服だ。
「あんま金使わない。その度にちょこちょこ、服以外だと、タバコ代に使っちゃうくらい」(引用元:DIAMONDonlne

このように安い金額+品物を受け取る援交娘が多いようです。また彼女たちは援助交際をしている意識は低く「募金」と称して行なっていることもわかりました。

彼女たちが援交する理由

では、どうして女性たちは援交をするのでしょうか?
彼女たちの援交理由に多い理由は、次の通りです。

  • お金欲しさ
  • 友達と話を合わせるため
  • 家庭環境が不安定
  • 学校生活に不満がある
  • ストレスがたまっている
  • いじめ被害にあっている

援交をしている子は、複雑な家庭環境で育った場合が非常に多いです。親が家にいない時間が長い、愛情を注いでもらえない、家庭内暴力があるなど、辛くて苦しい思いをしている子が多いです。また学校生活や友達関係が原因で援交をしている子も増えています。

最近は昔と違い、ブランド品や物欲を解消させる目的で援交をしている子は減少しています。パパ活をしている18歳以上の女性は、物欲やステータス欲しさに男性と肉体関係を築いている子も多いです。しかし未成年者でそういった理由の子は、ほとんどいません。

9割が寂しさを満たす目的で援交をしているのです。
とはいえ彼女たちは、自分が寂しさを満たすために援交をしていることに気がついていません

女子高生
学校も家もつまらないから援交してる。彼氏がいるわけでもないし、大人と遊んでる時間の方が楽しいから。
女子中学生
お金も貰えるし、時間も潰せるから定期的に援交してる。援交を「辛い」とも感じない。

本当は心の中で寂しさを感じていても「援交をしている時間=楽しい、非日常的な時間」と考えている子が大半です。そのため彼女たちに「寂しいの?」と聞いても「別に寂しくない」と流れます。思春期のデリケートな時期なので「寂しい」という言葉を嫌厭する子もいます。

彼女たちと接する機会がある場合、絶対に「寂しいの?」と聞いてはいけません。援交娘たちは、自分の正直な気持ちを受け入れられていない子がほとんどなのです。

本当にお金を稼ぎたい未成年者はJKリフレで働く

援交は客探し、リピーターへ繋げる営業、待ち合わせのセッティング…全てセルフで行わなければいけません。援交はセックスをすれば稼げるシンプルな行為ではありますが、意外と労力が必要になります。

また援交をしている最中、サーバーポリス(警察)や援交少女を守るボランティア団体から逃げなければいけません。彼らに見つかれば補導されるリスクもあります。本物の客と警察や団体を見極める力もつけなければいけないのです。

援交客を見つけたらプレイ内容の相談や報酬交渉も全て自分で行わなければいけません。もちろんプレイ中の暴力や盗撮を防ぐために警戒したり、事故やトラブルを防ぐために注意をする必要もあります。問題が起きれば全て自分で解決する必要もあるのです。

援交は誰も守ってくれない完全個人マネジメントのビジネスです。社会的知識を持たない未成年者にとってはハイリスク。ほとんどの子がうまくいかず、失敗も経験しているのです。

このような労力に対して、1万円以下の報酬はあまりにも安すぎます。お金を稼ぐには、援交は不向きなのです。

そのため未成年者で大金を手に入れたいと思う子たちは、援交ではなくJKリフレで働きます。正規のJKリフレ店は、未成年者の雇用は行いません。しかしアンダー店は、18歳未満の少女を雇っています。

アンダー店とは?
JKリフレ用語でアンダーとは、アンダー18。18歳未満の少女という意味。アンダー店とは、18歳以下の未成年者を雇用している違法JKリフレ店。ポータブルサイトに広告を出していないお店が多く、SNSやブログで集客しているお店が多い。リフレコースは一般のJKリフレ店と大差ないが料金設定が高い場合が多い。しかし通常のJKリフレ同様、裏オプションで本番行為ができる店舗もある。店舗型よりも派遣型で営業しているお店が多い。 

アンダー店で働けば、自力で集客したり、客に営業も必要なく、満足に稼げます。またアンダー店は、JKリフレ業界では大人気。違法とわかりながらも、若い少女が好きな男性たちが集まります。そのため通常のJKリフレ店よりも稼げます

こういった情報をSNSなどで入手している少女たちは、自らアンダー店に入店希望を出します。また援交をしている少女同士でコミュニティーができている場合も多く、紹介やスカウトを経由してアンダー店に入店する子もいます。

アンダー店やJKリフレで働く女性の末路

アンダー店やJKリフレで働く女性たちは、年齢を重ねるたびに若さを武器に仕事ができなくなります。そのため稼ぎが悪くなります。どんなお店もほとんどが完全歩合制です。たくさんの男性を接客しなければ稼げません。

どんなに可愛くてサービスの良い子でも、やはりJKリフレやアンダー店に訪れる男性は「若い少女」に価値があると考えています。頑張っても指名や客を取ることができず、必然的に稼げなくなる運命なのです。

アンダー店やJKリフレ店で働いた経験のある少女の8割は、金銭感覚が狂っています。普通のアルバイトや会社員でのお給料で満足できないほどに、生活水準が高くなっているのです。そのため彼女たちの約7割は風俗店やAVなどの仕事に転職します。

もちろん大学進学したり、昼間の仕事を始める子もいます。ただ、それは一握り。ほとんどは水商売を続けます。彼女たちの悲しい末路です。

援交をした未成年者の末路

援交少女たちの末路は、数パターンあります。

警察や親にバレる

援交を続けていると警察や親にバレるリスクが常に隣り合わせです。バレてしまったことを理由に援交をやめる子もいます。
援交中に警察に補導されると、関係を持った相手についての取り調べが行われます。過去に援交した相手が発覚した場合も同様です。その度に証拠となる写真や動画のスクリーンショットにサインやハンコを押さなければいけません。

風俗嬢やAV女優になる

援交で稼いだ金銭感覚が戻らず、リフレ嬢同様に風俗嬢やAV女優に転身する子もいます。一度狂ってしまった生活は、簡単には改善できないのが現実です。

体調を崩す

援交は肉体労働です。妊娠や性病のリスクも常に隣り合わせ。エイズのリスクもあります。体調が崩れてしまい援交や売春をやめる子は、少数ですがいます。また周囲の子が体調を崩したことが原因で怖くなりやめる子もいます。

公正する

現代の援交経験者の中で最も少数派の末路が公正。彼女たちの1割〜2割は、援交から足を洗い売春行為をやめることができます。昼職についたり、大学や専門学校へ進学する子もいます。

援交相手を見つける定番場所

少女たちが実際に援交相手を見つける場所の定番は、Twitter出会い系サイトです。

Twitterで援交相手を見つける場合は、シンプルに「今日時間がある人募集中」や「泊めてくれる人DMください」といった募集要項だけをツイートする少女が多いです。住んでいる地域をアピールするためにプロフィールや他のツイートに「東京にいるよ」など書いている子もいます。

また18歳未満の少女であっても、サイバーポリスの検索にヒットしないよう「10代」と濁して年齢を書いています。警戒心の強い子は、DMやリプライで年齢を聞いても詳細は教えてもらえません。実際に顔合わせ後、打ち解けなければ年齢を教えてくれない子もいます。

こうした事情もあり「Twitterでは援交少女の年齢を聞かない」これが鉄則になっているようです。

女子中学生
Twitterで相手探しをしているときは、年齢を聞かれた時点で終わり。絶対に会わない。それから旨が良すぎる話をする人も無視をする。いきなり「10万円あげるよ」と言ってくる人は怪しいとしか思えない。

このように少女たちは、いきなり金額交渉をする男性に対しても強い警戒心を抱く場合があるそうです。最初から高額な金額を提示する人は、特に怪しいと思われるそうです。

最近は警戒心が強い少女を含む、約9割の子たちは出会い系サイトを使って相手探しをしているようです。
ワクワクメール、PCMAX、ハッピーメール、イククルの老舗出会い系サイトの四天王は、彼女たちが愛用している割合も多いそうです。

女子中学生
女性は無料で使えるし、SNSと違って男性も普通の人が多いイメージ。SNSは冷やかしや同世代が多すぎるもん。だから今は出会い系サイトしか使わない。
女子高学生
SNSと違って、話が早い。それに面倒な交渉も最小限にできるから好き。お金に余裕がある人もいるからご飯とかご馳走してもらえるし。助かる。
女子高学生
日本全国どこでも相手探しができるから田舎に住んでる私は、出会い系サイトしか使わない。簡単に会える人も多いし、近所すぎて身バレすることもない。Twitterだと、どうしても知り合いの友達とかが出てくる割合が多いから、出会い系サイトの方が安心できる。

彼女たちが愛用している老舗出会い系サイト四天王は、出会える系サイトの代表格としても有名。そのうえ女性は無料で利用でき、需要も高いのでマッチングしやすい。こういった出会い系サイトの長所が重なり、援交少女たちの相手探しの定番場所になったそうです。

また援交娘たちから支持の高い出会い系サイトは、ワクワクメール>ハッピーメール>PCMAX>イククルの順番。ほとんどの少女たちは全サイト併用またはワクワクメールとハッピーメールのみを利用しているそうです。他の出会い系サイトを使っている援交娘もいますが、もっとも彼女たちにとってポピュラーなのは、上記の出会い系サイトになっているそうです。

出会い系サイトで援交募集をしている少女の特徴

出会い系サイトで援交募集を行なっている少女は、意外とすぐに見極めることができます。

  • プロフィールが短文
  • 掲示板に「今日暇な人募集」などシンプルな文言で相手探しをしている
  • 年齢設定が18歳
  • 実年齢については明かさない
  • 顔写真がSNOWまたは加工された写真
  • 基本的に即会い希望

彼女たちの特徴をつかめれば、すぐに援交娘を見極めることはできます。出会い系サイト登録後に若い子を中心に、いろいろとチェックしてみましょう。
また彼女たちは、メッセージ送信後のレスポンシブが早いです。話の進み方もスムーズで、時間が会えば即会いも可能。連絡先交換に抵抗がある子もいますが、すぐに受け入れてくれる子もいます。
そして彼女たちは自分が少しでも「嫌だ」と感じたら、すぐに返信を止めます。何度も連絡をしても音信不通。ひどい場合はブロックされることもあります。十分に注意をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

How to Sxfriendの編集長。年齢やビジュアル問わない、正真正銘の女好き。出会い系サイト、風俗、立ちんぼ、ナンパ…あらゆる方法で日本全国の女性を入れ食い。経験や経歴を活かし、役に立てればと2018年How to Sxfriendを開設。